就活の面接で「要領のよさ」をアピールするコツ20選!

就活の面接で「要領のよさ」をアピールするコツ20選!

2017/03/04

就活hack

社会人に求められる能力のひとつが要領のよさ。選考で面接官に「この学生は要領が悪そうだな」と思われてしまうと印象が悪くなってしまいます。では、要領のよさを嫌味なく自然にアピールするにはどうすればいいのでしょうか? 就活経験者のみなさんに、就活で面接官に要領のよさをアピールするコツを聞いてみました。

▼こちらもチェック!
【大学生向け診断テスト】就活でよく聞かれる「あなたを色に例えると何色?」

■就活で面接官に要領のよさをアピールするコツはなんだと思いますか?

●学校の成績のよさをアピール!

・多忙ながらも学校の成績も優秀だったことを伝える(男性/32歳/その他)
・学校の成績がほぼAだったことを伝える。全ての教科で優秀な成績を取れるのは要領がよくないとできないから(女性/29歳/人材派遣・人材紹介)
・アルバイトしながらも成績がいい(男性/38歳/小売店)
・単位を早々に取得したことを伝える(男性/50歳以上/食品・飲料)

●同時に複数のことをこなして結果を出した!

・部活を毎日頑張りながらも、資格取得をがんばったことを伝える(女性/30歳/その他)
・よい成績を修めつつ、バイトもがんばって生活費を稼いでいたなど、二つのことをうまくこなした話をする(女性/33歳/食品・飲料)
・オールマイティな人間であることを、証明できるエピソードとあわせて伝える(女性/37歳/食品・飲料)
・仕事、バイト、ボランティアなど、複数のことを同時にうまくこなせることをアピール(女性/33歳/不動産)

●普段の時間の使い方でアピール!

・決められた時間内に、どれだけの仕事をこなせるかをアピール(男性/39歳/学校・教育関連)
・物事に優先順位を付けて行うことを伝える(男性/47歳/その他)
・何事も効率を考え、改善を行っていることを伝える(男性/38歳/金融・証券)
・短時間で複数の作業をこなした経験を話す(女性/50歳以上/情報・IT)

次のページ面接での回答スピードでもアピールできる!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ