思わず涙が! 僕の・私の就活 感動体験談6選「スーツでカフェにいったら店員さんが……」

思わず涙が! 僕の・私の就活 感動体験談6選「スーツでカフェにいったら店員さんが……」

2016/12/20

就活の悩み・疑問

就活は選考に落ちたり、なかなか自分の思うように考えが伝えられなかったりとつらいことが多いですよね。そんな厳しい就活だからこそ、そこで出会った人のふとした優しさに思わず泣きそうになってしまうこともあると思います。今回は就活を通して感動したりジーンときた場面について、体験談を聞いてみました。

僕の・私の就活感動体験談

▼こちらもチェック!

職種・アピールポイント別の自己PRの書き方&例文集 書類選考が通らない人必見!

店員さんの思わぬ優しさに……

・面接が終わって疲れたので、自分へのごほうびだと思ってスーツを着たままカフェに行きました。すると店員さんが「就活ですか?がんばってください!」と言ってくださいました。私には一緒に就活をがんばる同期も、応援してくれる人もいなかったので、とてもうれしくて泣きそうになりました。書類がなかなか通らなくて心が折れそうだったのですが、またがんばろうと思えました(女性/23歳/大学3年生)

グループディスカッションで

・グループディスカッションで「人手不足の業界とその対策」について話し合ったときに、自分は意見が思いつかずに困っているとまわりのみんなが助けてくれて自分も意見をしっかり言えたこと。面接はみんながライバルだと思っていたけれど助けてくれてうれしかったです(男性/22歳/大学4年生)

誇りを持って働く社員に感動

・ある企業の見学会に参加した時、巨大な設備が目の前で動いていることに感動しました。そこで勤めている人たちはみんな誇りを持って業務にあたっていて、自分もこの企業で働きたいと思い面接をがんばりました。その企業から内定を頂けたときは本当に感動しました(男性/24歳/大学院生)

父の生き方に学んだ!

・親父から仕事について、これまでと比べ物にならないほど深く語って教えてもらったことです。これまでは軽くしか聞いてこなかっただけに、その新鮮さと感慨深さに驚かされました。これまで家族としての父しか見てこなかったですが、立派な社会人としての父を知れてよかったです(男性/22歳/大学4年生)

見知らぬ人から受けた親切

・段差に転んで怪我をしてしまい、説明会まで時間がなく、ストッキングが破れてしまったまま電車に乗っていました。すると同じ電車にいたキャリアウーマンらしき人が絆創膏をくれて、「就活生?がんばりなさい。今が踏ん張りどきよ」と声をかけてくれました(女性/22歳/大学4年生)

面接官の言葉にジーン

・浪人や留学、休学などで周りの就活生より数年遅れていたので、就活でどうみられるか不安があり、面接の最後に「何か最後に言いたいことはありませんか」と質問を受けた際、今までの経歴や経験を正直に話しました。「まわりの就活生より年齢はかなり上ですが、今までこういう経験をしてきたので、これから社会に出てもそのときに学んだ仕事への姿勢を大切にしたい」という話をしたところ、「会社に入ってしまえば年齢は関係ない。あなたの経験がこれからの社会人生活で必ず活きるから、胸を張ってがんばって」といろいろな企業の面接官から言ってもらうことができ、とても嬉しかったです(女性/27歳/大学4年生)

たまたま入ったカフェの店員さんから、面接を担当した面接官まで、さまざまな人の言葉や行動に就活生は感銘を受けたようですね。がんばってもなかなか報われない就活のつらさを味わっていると、ちょっとした人の優しさでもジーンと心にしみるものです。

さまざまなエピソードが寄せられましたが、やはり一番感動したのは「希望の企業から内定をもらえた瞬間」という意見も多かったです。就活を進めていくと苦しい思いをすることも増えますが、そこを乗り越えることで自分も一歩成長できるはず。周囲の人の支えに感謝しながら、就活生のみなさんはぜひ真摯に就活に取り組んでいってくださいね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年12月20日
調査人数:就活を経験した大学生男女50人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ