業界別・面接で企業が着目するポイント

業界別・面接で企業が着目するポイント

2015/02/27

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

 業界別・面接で企業が着目するポイント

今回は、実際に就職面接官として活躍された方々から、各業界の面接時の着目点を教えていただきました。今回お話を聞いた方々の業界・業種は、外資系コンサルティング、大手商社、大手通信、大手商社子会社社長、 ベンチャー企業社長などです。以下は回答の一例です。

◆コンサルティング業界

・質問攻めに上手く対応ができるか

・スピーディかつ論理的回答ができるか


◆マスコミ業界

・自分から会話に入ることができるか

・エッジの立っている人物か

・モラルを守りながら人と違うことができるか


◆銀行・金融業界

・リーダシップを取れる人物か

・協調性のある人物か


業界・業種が同じでも、各企業それぞれの特徴から、求められる要件や選考のポイントは異なります。ですからマスコミ業界すべての面接で、エッジを立てた方が良いという訳ではありません。また、ある業界の面接で望むべき成果をたくさん得られたとしても、同様の手法が他の業界でも結果に結びつくとは限らないものです。そして逆もまた然り。上記を参考にしつつも、鵜呑みにせずに、志望する企業に合わせて対応してくださいね。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」

「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ