どの役割が有利? グループディスカッションの役割別の対策方法

どの役割が有利? グループディスカッションの役割別の対策方法

2016/10/31

就活hack

関連キーワード:

グループディスカッションを各チームでの役割分担が決め手になります。司会進行や意見を出し合う役割、書記などがグループディスカッションでは、必要な役割としてよく知られているものになります。そのほかにも重要な役割があることを知っていますか?あなたにとってどのような役割が適任なのか、それを考えてみましょう。もしかすると、考えもしなかったような役割があるかもしれませんよ。代表的な役割も含めて考えていきたいと思います。◆就活におけるグループディスカッションの意義とは

実際にグループディスカッションを行う企業は、二次面接前後に組み込んでくる場合が多いですよね。このグループディスカッションで、企業は学生のどのようなところを見ているのでしょうか。まずグループディスカッションで試験管が見ているポイント、それは協調性です。仕事をするうえで欠かすことができないチームワーク、それを上手に連携できる人間かどうかをチェックします。それ以外にも学生個々の性格や特性、能力などのチェックも行っています。また場の空気を読めるかどうか、そして自分の役割を瞬時に判断する能力があるのかもチェックされていることが多いです。

◆グループディスカッションの主な役割とは

グループディスカッションを通してどのようなことを試されているのか。そして就職試験におけるグループディスカッションとは、企業にとってどのような物なのでしょうか。最近の企業の傾向として、社員それぞれの能力に合った仕事をしてもらいたいと考える風潮があります。その中でも特にコミュニケーションが取れる人・リーダーシップを発揮する人・まとめ役に徹することができる人など、一人一人に役割が割り振られることも少なくありません。各企業の特性に合った学生を採用したい、それがグループディスカッションの大きな役割になっています。

次のページ役割分担別の対策方法は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ