第一志望の企業が不合格に…。人事に電話をして再度チャンスをもらってもいい?

第一志望の企業が不合格に…。人事に電話をして再度チャンスをもらってもいい?

2015/04/17

ニュース&コラム

第一志望の企業が不合格に…。人事に電話をして再度チャンスをもらってもいい?

私が企業で採用活動を担当していた頃も、今のように企業のサポートするようになってからも、「諦められないのでもう一度チャンスが欲しい」という問い合わせをもらったことが何度もあります。一度不採用とした人が、知らないうちにまた説明会にエントリーしてきたということもありました。

そこまで強く自社のことを思ってもらえるということは、採用担当者としてはとてもありがたいことですが、実際に再チャレンジを認めるかというと、その可能性はゼロだと思っていただくのが正しいと思います。

就職活動は恋愛などに例えられることがあります。恋愛の中では、何度振られてもアタックし続けて成就したという話を聞くことがありますが、就職活動は恋愛の中でももう少しオフィシャルな「お見合い」に近いと思います。断られたお見合い相手にアタックし続けるとなると、あまり常識的な行動とは言えないはず。

よほどの企業は別として、ごく一般的な企業であれば、採用選考では応募者一人ひとりに真剣に向き合い、できる限り相手のことを知ろうと努力し、その結果として合否をお伝えしています。不採用という結果も、それほど真剣に考えた末の結論だということです。再チャレンジを申し入れたとしても、人事担当者を困らせるだけだと思います。

私の知人の中に、新卒で不採用となった会社に数年後に中途採用で応募し、見事に入社することができたという人がいました。そういう方法もあるのだと感心するとともに、その会社にそこまでこだわり続けたという、その人の思いの強さも感じました。普通であれば、働きながら周りの環境が見えてくるほどに、今の会社でなすべきことを中心に考えるようになり、他社へのあこがれやこだわりは薄れていくことがほとんどだからです。

ですから、今の第一志望の会社に対する思いは一時封印し、新たな可能性を探すことが賢明だと思います。これから就職し、業務経験を積む中で、もしもその会社への思いが残っていて、なおかつご縁があったとしたら、チャンスはあるかもしれません。

文●小笠原隆夫


第一志望の企業が不合格に…。人事に電話をして再度チャンスをもらってもいい?

小笠原隆夫さんプロフィール(http://profile.ne.jp/pf/unity-support-ogasawara/)

IT企業出身の人事コンサルタント。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表を務める。システム開発会社でのSE経験と豊富な人事実務経験を背景に、組織が持つ特性を的確に見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務を専門的に支援するなど、人事や組織の課題解決、改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して行っている。パートナー、サポーターとして、顧客と協働することを信条とする。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ