心が折れそう! 長期戦の就活を乗り切るためのコツ4選

心が折れそう! 長期戦の就活を乗り切るためのコツ4選

2016/06/19

就活hack

まわりはもう終わっているのに、自分だけ内定がでない……なかなか就活が終わらずに焦っている人もいるのではないでしょうか。そんなとき、どうやったら前向きに取り組んでいけるかなと思ったりしませんか? そこで今回は半年以上就活を続けた社会人男女のみなさんに、長期戦の就活を乗り切るコツについて聞いてみました。

■あなたは半年以上の期間、就活を経験しましたか?

はい 183人(45.3%)
いいえ 221人(54.7%)

約4割の人が半年以上就活を続けていたと回答。思ったよりも長期戦だった人は多いようですね。では、「はい」と答えた人はどのようにして長い就活を乗り越えたのか経験談とその理由について見てみましょう。

■リフレッシュする

・ストレスを溜めると面接に影響してしまうので(男性/26歳/その他)
・ネガティブになり悪循環に陥ってしまわないため(女性/25歳/その他)
・思い込みすぎないで楽観的な部分も大切だから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・気分がリフレッシュしてやる気に繋がるから(男性/26歳/食品・飲料)

やはり気分転換が大事だという意見が多数。いい結果がでないままで次の面接に取り組んでも、よくない結果が続くだけ。たまにはリフレッシュをする時間を作って新たな気持ちで面接に取り組むことも大切です。

■ご褒美を決める

・楽しみごとがあるとモチベーションが上がったから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・好きなアーティストのライブに行く。思いっきり楽しんでストレス発散できるから(女性/23歳/医療・福祉)
・好きなケーキ屋さんのケーキを自分へのご褒美で食べていた。甘いものが一番ストレスに効くから(女性/23歳/その他)
・つらいことの連続は気が滅入ってしまうので(女性/24歳/情報・IT)

面接に通ったら好きなケーキを買うなど、ひとつひとつの関門で自分へのご褒美を決めれば、そのために頑張れますよね。オンオフを切り替えられるならば、時間を使ってでも楽しいことに取り組むのも大事かも。

次のページこんな方法も!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ