マイナスどころかアピールポイントに! 面接官が評価する「短所」の答え方とは

マイナスどころかアピールポイントに! 面接官が評価する「短所」の答え方とは

2015/04/13

就活hack

ニュース&コラム

お役立ち情報

関連キーワード:

就活生の皆さんの疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「面接官に渋い顔をされない短所の答えはありますか?」という質問です。


<就活生からの質問>

グループ面接、個人面接を問わず「長所・短所」について質問されることが多くあります。長所を答える時には「こういうところが生かせます」など、ポジティブに話を進めることができます。もちろん、短所についても正直に答えていますが、どうも面接官に渋い顔をされがちです。そこで、面接時の答えとし困らない、無難な短所などあるのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。


<就活の真実 事務局からの回答>

短所と長所は「表裏一体の内容」が良いと言われています


一般的に「短所」と「長所」の説明は、表裏一体で連結する内容が良いと言われているようです。

例えば、「意志を持って物事はハッキリと伝えるようにしています。時にはメンバーと意見が衝突してしまうこともありますが、そこから生み出された意見は皆が納得するものであることが多いです」や、「昔から集中力が持続するタイプのため、一つのことに没頭してしまうと周りが見えなくなることがあります」 など。●●の長所がありつつ、行き過ぎると短所になる(その逆パターンも)といった内容での説明ならば、長所も短所もつじつまが合います。この方法で、短所を考えてみてはいかがでしょうか。

デメリットな部分だけを感じさせてしまわないように伝えることが重要です。面接で発表する前に、家族や友人に話してみて、 内容を確認した方が良いでしょう。頑張ってくださいね。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」

「就活の真実2016」

「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の 実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ