「それ、他社の製品ですよ!」。面接で「落ちたな...」と思った瞬間

「それ、他社の製品ですよ!」。面接で「落ちたな...」と思った瞬間

2014/11/28

ニュース&コラム

関連キーワード:

「それ、他社の製品ですよ!」。面接で「落ちたな...」と思った瞬間

就活は誰にとっても初めての経験。無事内定を獲得した先輩たちだって、みんなたくさん失敗をしているものです。そこで、面接で失言をしてしまった、筆記試験で手も足も出なかったといった「やっちゃった...」「これは落ちたな...」と思った瞬間のエピソードと、その後の結果はどうだったのかを聞いてみました。

Q.就活中に「これは落ちたな...」と感じた瞬間とその結果を教えてください。

【結果、予想通り落ちたという人】
・主力商品を同業他社と間違えた時。面接官が 残念そうに笑っていた。(21歳/女性/情報・IT内定)
・志望動機を質問され、頭が真っ白になって 「知名度です」と言ってしまった。(22歳/男性/商社・卸内定)
・面接で得意分野について突っ込んだ話をする時、 できる自分になろうとしてボロが出た。(23歳/女性/アパレル・繊維内定)
・面接時間が 予定より10分以上早く終わった時。(24歳/男性/金属・鉄鋼・化学内定)
・エントリーシートに書いたエピソードについて質問され、 何を書いたか忘れてしどろもどろに。(23歳/女性/機械・精密機器内定)
・自己PRの後、 「その性格は社会で役立つと思いますか?」と聞かれた時。(23歳/女性/機械・精密機器内定)
・グループワークで発表資料をまとめるのに時間がかかり、 自分の提出用資料がほぼ白紙。(24歳/男性/機械・精密機器内定)

次のページ【予想に反して選考に残ったという人】の体験談は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ