レジャーで自転車に乗る場合も自転車保険に加入すべき? 観光でも便利な1Day自転車保険

編集部:ぱいん

お気に入り!

あとで読む

自転車事故による多額の損害賠償に備えて自転車保険に加入している方も多いといいます。普段はあまり自転車に乗らないという方であっても、レジャーなど短期で自転車に乗る際には、加入日と解約日を自由に選ぶことができる自転車保険がおすすめです。今回は、自転車事故を補償してくれる短期保険について解説します。(監修協力:FP 鈴木幸子)

観光の際にも加入しておきたい自転車保険

観光やレジャーのような短期間の利用でも、自転車保険には入っておくと安心です。
保険というと長期間加入する必要があると考えている方もいるかもしれませんが、好きな期間だけ補償を得たいという方は、短期間だけの保険に加入することで、無駄なく保険制度を利用することが可能です。

自転車に乗っているときに他の人を怪我させてしまったり、自転車搭乗中に車と接触事故を起こして入院したりと、普段あまり自転車に乗り慣れていない方はその分自転車事故のリスクも大きくなります。
自転車事故は数千万円以上の高額な損害賠償を請求されるケースもあることから、たとえ短期間であっても自転車保険に入ると安心でしょう。

観光やレジャーの際に便利な短期保険

観光やレジャーの際に加入すると便利なのが、1DAYタイプのレジャー保険です。

保険期間内であれば、被保険者が怪我をしてしまった場合や相手に怪我をさせてしまった場合に保険金を受け取ることができるため、万が一旅行先で自転車乗車中に事故に遭ってしまった場合でも安心です。
保険会社によってはレジャーやスポーツの種類が限定されていることもありますが、賠償責任保険が含まれていることが多く、自転車事故も補償の対象となります。

他には、カード会社が設定している保険プランの中に、自転車事故やスポーツ事故の際の補償を1カ月200円程度で付帯できるサービスもあるため、お手持ちのカード会社の保険サービスを確認してみるといいでしょう。自分に必要な補償のみを追加することができ、さらに短期間だけ加入することができるため、保険料の節約にもなります。
自転車に乗る機会が限定的でも、その期間だけ加入することができるため、普段は自転車に乗る機会が少ないという方でも必要に応じて補償内容をアレンジすることができます。

まとめ

自転車事故による高額な賠償金請求が発生していることから、たとえ1日や短期間であっても、自転車保険に加入しておくと安心でしょう。短期間の自転車保険はレジャー保険やカード会社が提供している付帯保険として加入することができます。万が一の事故に備えて自転車保険の加入を検討しましょう。

(学生の窓口編集部)


監修協力:鈴木幸子

2010年よりFP活動を始め、子育てファミリーの家計相談、住宅購入相談を実施。フジテレビ「Live News it!」でコメンテーターを務めるなど、地元金融機関、住宅メーカーでの講演実績を持つ。保有資格AFP・証券外務員2種・相続診断士。

https://www.gyl-h.com/

編集部:ぱいん

編集部:ぱいん

書くことよりも調べることが好きな知的好奇心高め男子。編集部内でNHK担当と呼ばれています。休日はアウトドアか引きこもりのどっちか。

関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催