年末年始はふるさとで! 一人暮らし大学生が帰省で楽しみにしていること4つ

編集部:すい
2016/11/26
入学準備・新生活
あとで読む

2016年ももうすぐ終わり。学校の授業も終われば、年末年始はゆっくり羽を伸ばしたいもの。進学をきっかけに地元を離れ、一人暮らしを始めた人にとっては、久しぶりの帰省の機会ではないでしょうか。一人暮らしは気楽だけれど、実家や地元でしか味わえない楽しさにもたくさん気づいたはず。そこで今回は、地方出身で一人暮らしや寮生活をしている大学生に、帰省したときのうれしい出来事を聞いてみました。

▼こちらもチェック!
帰省の交通費は親持ち? 自分持ち? 一人暮らし大学生に聞いてみた

■実家で出てくるごはんがおいしい! 

・自分がいくら真似て作ってみても何かが足りなかったりするのか、母が作る料理のほうがあったかくてほっとする(女性/21歳/大学4年生)
・普段は面倒で作れないような、とっておきのご馳走を作ってくれる(女性/25歳/大学院生)
・地元の料理が食べられる(女性/20歳/大学3年生)
・お寿司とか焼肉をふるまってくれる(女性/19歳/大学1年生)

圧倒的に多かったのが、ごはんに関すること。実に3人に1人は食事を楽しみにしています。実家で待つ親御さんたちも、久しぶりに帰省する子どもには、奮発して栄養のある食事を食べさせたいのでしょう。そして、ホッとする“おふくろの味"は、やはり最強。いつもは外食や、自炊して一人で食べることが多い人は、特にありがたみを感じるという声が目立ちました。家族でワイワイ食卓を囲み、おいしいごはんを食べれば、お腹も心も満たされますね。

■地元の友達と遊べる!

・違う大学に通っている友達も、帰省していれば久々に会えるのがうれしい(女性/21歳/大学3年生)
・地元の友達のほうが話が合うし、素で話せる(男性/19歳/大学1年生)
・みんな意外と変わってなくてほっとする(男性/22歳/大学4年生)
・昔の話で盛り上がれる(男性/21歳/大学3年生)

地元を離れている友達も、みな一斉に帰ってくるのが年末年始。普段はなかなか会えない地元の友達と会えば、近況報告だけでなく、昔話でも盛り上がれるのがうれしいですね。

■自分で家事をしなくていい! 

・家事や掃除は何気に面倒なので、それをやってくれる人がいることはありがたい(女性/24歳/その他)
・自炊しなくてもいい(男性/21歳/大学4年生)
・遅めに帰ってもご飯ができていることがありがたい(女性/22歳/大学4年生)
・1人分を洗濯するのは面倒だから(男性/21歳/大学3年生)

一人暮らしだと、部屋の掃除も料理も洗濯も、全部自分でしなければなりません。自分の分とはいえ、これがなかなか面倒。実家では親御さんに甘えられますね。

次のページほかにもこんなうれしいことが!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催