2021年04月14日 更新

一人暮らしのおすすめ家具は? 家具選びで失敗しないポイントは? 成功談&失敗談

一人暮らしの家具選びのポイントとは!? とりぐら編集部では、一人暮らし経験者に「買ってよかった家具」「買わなくてよかったと思う家具」のコメントを集めました。これを見れば、一人暮らしに本当におすすめな家具もわかるはず! リアルな意見を見て、一人暮らしの新生活の家具選びに役立てて♪

一人暮らしの家具選びのポイントとは!? とりぐら編集部では、一人暮らし経験者に「買ってよかった家具」「買わなくてよかったと思う家具」のコメントを集めました。リアルな意見を一人暮らしの新生活の家具選びに役立てて!

経験者に聞いた! 一人暮らしで本当におすすめの家具って?

今回とりぐら編集部は、一人暮らし経験者に家具についてのアンケートを集めました。そこから、「買ってよかった家具」「いらなかったと思う家具」「買って後悔した家具」などのリアルな意見をピックアップ。それぞれの家具のメリット、デメリットをチェックして、ムダなく自分に合った必要な家具を選びましょう。

ごはんにもおうち作業にも!「ダイニングテーブル&チェア」

  • いる派の意見

Aさん(いる派)

姿勢よく在宅ワークができるからはかどります!

Aさん(いる派)

食事はもちろん、さまざまな作業スペースにもなって便利です。

Aさん(いる派)

椅子は踏み台としても使えるので、意外と重宝しています。

  • いらない派の意見

Dさん(いらない派)

おうち作業用にデスクを購入。ローテーブルもあるため、部屋が狭くなりました……。

Fさん(いらない派)

作業用に買ったけれど、そんなに家ですることがなく放置されています。

椅子に腰かけて姿勢よく使えるダイニングテーブルは、仕事や勉強などの集中力を高めてくれる家具です。在宅ワークの場合、食事はローテーブル、作業はダイニングテーブルというように使い分ければ、気分が切り替わって作業がはかどりそうですね。

ただし、一人暮らしですでにローテーブルを持っている場合は、テーブルを2台所有するとスペースの問題が出てきます。過ごし方を想像して、作業用として使うだけなら、折り畳み式のデスクやできるだけコンパクトなサイズのものを選びましょう。使う頻度が少ないなら、思いきって“持たない”という選択肢も!

生活スタイルに合わせて!「ソファ」「座椅子・ビーズクッション」

  • 素敵なインテリアやくつろげる空間作りに、コンパクトな「ソファ」

Gさん(ソファ派)

座椅子より足がラクで部屋の快適度が上がりました!

Hさん(ソファ派)

コンパクトなひじ掛けなしのソファにしたら、場所もとらなくてよかった♪

  • 部屋が狭い、床に座る派なら「座椅子・ビーズクッション」

Iさん(座椅子・ビーズクッション派)

ソファにはそこまで座らないため、場所を取るので使っていません。

Jさん(座椅子・ビーズクッション派)

もともと床に座る派! こたつを買ってから余計にソファに座らなくなりました……。

Kさん(座椅子・ビーズクッション派)

Yogiboで場所を取らずにソファのような快適さが叶いました。

コメントを見てわかるように、要は自分がどんな姿勢で座るのが一番過ごしやすいかということがいちばん大事! 周りの意見や見た目に惑わされず、自分の心地よさを基準に選ぶと失敗が少なそうですね。

ソファは場所を取るイメージですが、収納スペース付きのものやひじ掛けなしのコンパクトなものなども出ています。
床に座る派なら、ソファは持たず座椅子かビーズクッションだけにすれば、部屋を広々使えると言うメリットも。最近では、体にフィットする「Yogibo」など、快適さを追求したビーズクッションも話題ですよ。

狭い部屋でも快適に!「ミニテーブル」

  • いる派

Lさん(いる派)

キッチンがすごく狭いから、調理場代わりにできて助かっています。

部屋のなかにちょっとしたスペースを確保できるミニテーブル。キッチンの調理台として、食事をするダイニングテーブルとして、小物を飾る棚として…、さまざまなシーンで使えます。コンパクトな部屋でこそ、コンパクトな家具は役立ちそうですね。

スペースを取らない収納!「突っ張りウォールラック」

  • いる派

Mさん(いる派)

省スペースで、収納スペースが増えるからうれしい!

一人暮らしの部屋では、収納の少なさに悩んでいる人が少なくありません。そこで、一人暮らし経験者から「おすすめ!」の声が上がったのが、「突っ張りウォールラック」。壁にピタッと沿わせた収納だから、空間を狭めず、収納スペースを広げられるという優れものです。ハンドバッグをかけたり、アクセサリーを置いたり、よく使う小物を置いてみてはいかがでしょう。

毎日のファッションチェックに!「全身鏡」

  • いる派

Nさん(いる派)

ないと服を合わせられなくてすごく不便。外に出てからバランスが変なことに気づきます。

Oさん(いる派)

「全身鏡付きのドレッサー」だと、場所を取らずに身だしなみを整えられます!

  • いらない派

Pさん(いらない派)

買ったのに玄関に鏡が付いていていらなかった……。

全身鏡はおしゃれな人の必須アイテム。持っていると、頭からつま先までの服のコーディネートができて便利です。ただし、玄関や浴室に備え付けの大きな鏡がついている場合もあるので、新居が決まってから検討するのがベター。
また、最近では、一人暮らし向けに「姿見×ドレッサー」「姿見×収納」と1台で2役こなすスリムな家具も増えているので、チェックしてみてくださいね!

一人暮らしのみんなに聞いた! ちゃんと考えて買わなくて後悔した家具

アンケートのなかには、買ってから後悔したという家具を教えてくれた人もちらほら。コメントを参考に、どんな点に注意して買うべきかを考えましょう。

使う場所のない収納アイテム

Qさん

「収納ボックス」は必要な分だけ買えばよかった。

Rさん

「カラーボックス」で収納場所が増えて、必要のないものまで部屋に置く癖がついてしまいました……。

Sさん

必要だと思った「レンジラック」は意外と使っていません。ちゃんと考えて買うべきですね。

収納アイテムは買えば部屋が片付くものではありません、使わなければただスペースを占拠するだけの邪魔なアイテムになってしまいます。やみくもに買うのではなく、収納スペースを測って、なにを入れたいのかも考えたうえで買うことがなにより大切!
写真のスリムワゴンのように、収納アイテムが機能するとお部屋もスッキリ片付きますね。

サイズ違いの「カーテン」

Tさん

内見のときに測っていなくて大体で買ったら短くてお蔵入りです。

Uさん

ネットで急いで買ったら、サイズが合わなかった。

部屋にぴったりなカーテンを選ぶには、色や柄以前に、採寸がキーポイントとなります。カーテンレールの種類によっても測り方が違う場合があるため、購入先の基準に従って正確に計測しましょう。
長さは、窓に合わせるのではなく自分の好みや家具の配置などによって決めても良いでしょう。写真のカーテンのように、床すれすれにすると保温性がアップします。縦のラインが強調され、天井が高く見える効果も期待できますね。

部屋が狭いのに「収納機能のないベッド」

Vさん

部屋に収納スペースがないので、収納付きのベッドにすればよかったです。

収納がが少ない部屋では、ものを置く場所の確保が大変です。そこでおすすめなのが、収納付きベッドの導入。ベッドは部屋のなかでもかなりのスペースを占める分、それだけ収納スペースも多いんです。
取り出しにくい場所には、シーズンオフの洋服や旅行用のアイテムなどを。取り出しやすい場所には日常使いの衣類やコスメなどを入れると便利です。
収納がなくても、ある程度高さがあれば、写真のようにベッドの下にバスケットなど収納ボックスを入れて収納スペースにすることも可能ですよ。

大きすぎた「ゴミ箱」

Wさん

実家にいたときの感覚で買ってしまったけれど、そんなにゴミが溜まらないのでもっと小さいのでよかったです。

Xさん

部屋の中で存在感がありすぎる。

ゴミは生活する人の暮らし方で、量や内容が変わってきます。失敗談が多かったのが、サイズの間違え。小さすぎても使いにくいですが、大きすぎても使いこなせず部屋に圧迫感を与えてしまいます。
新生活が始まったら、すぐ購入するのではなく、ある程度自分の生活スタイルを観察してみて必要なゴミ箱を選ぶとよいでしょう。

サイズをはじめ、形、素材、蓋の有無など、ゴミ箱をチェックするポイントは意外とたくさんあります。そのうえで、写真のように部屋のカラーになじむデザインのものを選べば、素敵な部屋づくりが叶いますね。

多すぎる「クッション」

Yさん

たくさん置いたらかわいいと思ったけど、買いすぎました……。

素敵なインテリアとしてクッションを取り入れる場合も、バランスは大事。いくつ部屋に置くかを、店舗へ行く前にあらかじめ決めておくとよいかもしれません。たくさん置きたいときは、写真のようにクッションカバーの素材を変えたり、形が違うものにするとメリハリが付きます◎

家具は暮らし方を想像して購入しよう!

家具選びというテーマでしたが、一人暮らし経験者のストレートな意見は、さすが参考になりますね! 「買ってよかった家具」「いらなかったと思う家具」「買って後悔した家具」のリアルな本音を通して、買う前にチェックすべきポイントがたくさん見えてきました。辛口なコメントもありましたが、家具は大きな買い物だけに買って後悔するのは避けたいところ。いろいろな意見に耳を傾けながら、自分の暮らしをイメージしてしっかり考えてから家具を手に入れましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

リーズナブルなのに心が満たされる「NOCE」の家具。自分の目で見て触れてみて。

リーズナブルなのに心が満たされる「NOCE」の家具。自分の目で見て触れてみて。

300点以上のソファを中心に、北欧、カフェ、ブルックリンなどさまざまなスタイルの家具を豊富に取り揃えているインテリアショップ「NOCE(ノーチェ)」。今回は浅草蔵前店店長の五...
とりぐら編集部
2020.12.28
時空を超えた価値を提案。「SHOP ASPLUND 恵比寿」こだわりのアイテムたちを取り入れて

時空を超えた価値を提案。「SHOP ASPLUND 恵比寿」こだわりのアイテムたちを取り入れて

世界中からセレクトした、“ハンドメイドの味わい”“自然素材の温かみ”を感じられるブランドやアイテムがたくさんそろったインテリアショップ「SHOP ASPLUND 恵比寿(アス...
とりぐら編集部
2020.10.06
理想のくつろぎ空間! クラッシュゲートに学ぶ憧れのお部屋作り

理想のくつろぎ空間! クラッシュゲートに学ぶ憧れのお部屋作り

遊び心のあるデザインが魅力のインテリアショップ「クラッシュゲート吉祥寺店」。テーブルやソファ、照明、ラグからテーブルウェア、スリッパまで豊富な品ぞろえのお店です。なかでも、リ...
とりぐら編集部
2020.04.06
素材と独創的なデザインがこだわり! 目にも楽しいインテリアをクラッシュゲート吉祥寺店で見つけよう

素材と独創的なデザインがこだわり! 目にも楽しいインテリアをクラッシュゲート吉祥寺店で見つけよう

テーブルの木材やソファの革など素材のよさが目を見張るショップ「クラッシュゲート」を取材しました。なかでも、ほかにはないオリジナルデザインの家具がセレクトされているという吉祥寺...
とりぐら編集部
2020.03.27
ソファーベッドの寝心地や使い勝手はいい? 一人暮らしにおすすめの商品3選

ソファーベッドの寝心地や使い勝手はいい? 一人暮らしにおすすめの商品3選

1台で何役もこなしてくれるソファーベッドは、スペースが限られた一人暮らしの部屋の心強い味方です。そんなソファーベッドのメリット・デメリットや選び方、おすすめの商品などをご紹介...
とりぐら編集部
2021.07.11

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ