2019年09月16日 更新

“脱”生活感! ベッド周りを「きれい」かつ「おしゃれ」に変身

一人で暮らすのに最適なワンルームや1Kですが、お部屋に入るとベッドが丸見えで生活感が出てしまう…と悩んでいる人も多いはず。そこで今回はインテリアのプロに、丸見え状態のベッド周りをおしゃれに見せるコツをレクチャーしてもらいました。あまりお金をかけず、すぐ取り入れられるテクニックが満載です!

@seri._.room Instagramより

面積の大きいベッドは、部屋に圧迫感を与えがちですが、クッションやベッドリネンの選び方しだいで、簡単にイメージを変えることができます。プロによるインテリアの選び方と共に、インスタグラムで見つけたおしゃれなベッド周りの実例をご紹介します。
土橋陽子さん インテリアコーディネーター

株式会社イデーに5年間(’97~’02)所属。
2012年より「Design life with kids interior workshop」主宰。フリーランスデザイナー・インテリアライターとして、様々な企業や媒体と協働して独自の活動を展開。レムノスにデザイン提供したfunpunclock が、2017年にグッドデザイン賞受賞。2019年秋には、TiCTACよりfunpunclockの腕時計も新発売。Precious.jpにて「身長156cmのインテリア」連載中。

http://yokodobashi.com

ベッド周りをおしゃれに見せる5つのコツ

ベッド周りをきれいかつおしゃれに見せるのに、家具を買い足したり、ベッド本体を買い替えたりといった大掛かりなことは不要です。まずは、これからご紹介する5つのコツをチェックして、思い通りの空間を作る基本をマスターしましょう。

【1】ベッドの高さを基準にアイテムを選ぶ

◆低めのベッドを使っているなら
ベッド周りを整えるのに、まず注目したいのはベッドの高さ。ベッドが低めの場合は、クッションは小ぶりで固め、数も少なくてOKです。lulu.nutsさんのように家具も高さを抑えると、より空間を広く見せることができます。

@lulu.nuts Instagramより

◆高めのベッドを使っているなら
kanagram_roomさんのような高めのベッドを使っている人は、クッションを複数使うのがおすすめ。寝る用の枕のほか、大型+中型+飾りクッションを置くことで、魅せる
ベッドに早変わり。サイドテーブルなどの家具とベッドの高さを合わせるとより統一感がだせまよ。

@kanagram_room Instagramより

【2】クッション選びは色味と質感の掛け算

◆同系色でまとめるなら質感を変える
同系色でコーデするなら、質感で遊んでみましょう。ベッドカバーとクッションの色味やトーンが同じでも、綿だったり麻だったり、ニットだったり、スウェードだったり…統一感がありながらそれぞれの風合いが出てぐっとおしゃれに見せられます。

@mariaroomjapan Instagramより

◆センスアップを図るなら差し色を追加
スタイリッシュにまとめたい人におすすめなのが、同系色のベッド周りに差し色をプラスするテク。上品さを加えたいならパープル、かわいく演出するならピンク、北欧テイストに仕上げるならイエローも◎。

@milklife72 Instagramより

◆こなれ感を狙うなら個性派クッションをプラス
クッションの形にも注目。四角だけでなく、個性的な形のものをミックスするとこなれ感がアップするはず! 遊び心のあるベッド周りの演出にはかかせないアイテムとして取り入れてみてください。

@ellie_myk Instagramより

【3】ベッドリネンは季節×素材にこだわる

自然素材のものは風合いがよく、シワ感も部屋にアンニュイな雰囲気を作ってくれます。同じ綿でも、特にワッッフル織、ガーゼ素材は空気をまとうように軽く、通気性もよいので夏場のベッドリネンにおすすめです。

@pandatoneko_ Instagramより

ベッドのボリュームがでやすい冬場は、ベッドスプレッド(大きなサイズのベッドカバー)で生活感を排除。ウールやカシミア素材のものを重ねると、部屋の雰囲気をガラリと変えられます。

@ellie_myk Instagramより

【4】フロアランプで縦のラインをプラス

お部屋の中でも水平面で大部分を占めるベッド。その周辺に、背の高いフロアランプをおくことで縦のラインが入り、お部屋のアイキャッチ的な役割を果たしてくれます。夜は優しい光を灯し、昼間は彫刻のようなシルエットを演出してくれます。

@maru_interior_ Instagramより

【5】ベッドリネンとカーテンを同系色に

垂直面で大きな面積を占める窓部のカーテンは、水平面で多くを占めるベッド周りと、色味を合わせることでお部屋に統一感を与えることができます。ほんの少しの工夫で、お部屋のイメージがぐっとセンスアップしますよ!

@smr.co.jp Instagramより

色で簡単! ベッド周りを思いのままに

ここからは、色の組み合わせ方をご紹介します。部屋に入ってすぐ目に入ってしまうベッド周りを、色でおしゃれに整えていきましょう。

ライトグレー×ピンクで「抜け感」を演出

ライトグレーのつくる端正な雰囲気に、ほんのり甘いカラーを混ぜることで品のある空間に。トレンドの作り込みすぎない「抜け感」を演出できる組み合わせです。マットな質感の素材をプラスするとより洗練された印象に。

@ellie_myk Instagramより

◆土橋さんおすすめは「サラ・グレース
土橋陽子さん

抜け感の演出なら「サラ・グレース」のファブリックですね! 原色を使わず、優しくソフトな色使いに、女性らしい刺繍やフリルが施されているので、ベッド周りに置くだけでサマになりますよ。

ホワイト×グレーで「ナチュラル」に

失敗の少ないシンプルな組み合わせ。ベッドに使われているのが、オーク材やタモ材といった木製の素材だとよりナチュラルに、アイアンやスチール素材だとカフェ風に印象を変えることも可能です。

@___ruu___ Instagramより

◆土橋さんおすすめは「ウニコ
土橋陽子さん

北欧テイストで人気のインテリアショップ「ウニコ」。ベッドやクッションカバーは、どこか懐かしい、ほっこりするようなデザインが多く、素材にもこだわりが見えます。ナチュラルに仕上げるならこのお店をチェック!

柄×柄で「カジュアル」な印象に

柄×柄もカラーやトーンを揃えれば意外に簡単。気をつけたいのは、似た柄同士は、ピッチを大胆に変えること。ピッチを合わせてしまうとアイテム同士がケンカしてしまうのでsarami_iさんのように、「幅の広いチェック」×「幅の狭いストライプ」といった具合に組み合わせてみましょう。

@sarami_i Instagramより

◆土橋さんおすすめは「カリモク60
土橋陽子さん

長年親しまれている国産インテリアブランドだけに、使いやすく汎用性の高いアイテムが目白押し! ミッドセンチュリーな雰囲気のものや、柄物のクッションカバーなども合わせてコーディネートされていることが多く、アクセントを加えたベッドリネンの参考になります。

まとめ

生活感が出てしまうベッド周りは、「色づかい」と「素材選び」でいかようにもおしゃれに見せられます。手軽に印象を一新できるので、部屋の感じを変えたい…と思ったらぜひ、試してみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

クッションやブランケットで一人暮らしの部屋の雰囲気のつくり方

クッションやブランケットで一人暮らしの部屋の雰囲気のつくり方

ひとつあるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わるのがファブリック。クッション、ラグ、カーテン、ブランケットと様々ですが、今回は手軽に手に入り、一人暮らしでも何種類もストックが可能...
sarami
2019.09.04
憧れの一人暮らし! 大学生向け物件&インテリア選びのコツ教えます

憧れの一人暮らし! 大学生向け物件&インテリア選びのコツ教えます

大学生になったら一人暮らしをしようと考えている人必見!初めての物件探しでチェックしておくべき条件から、インテリア選びのポイント、真似したくなるコーディネート術まで紹介します。...
とりぐら編集部
2020.01.21
大人女子にぴったり! ガーリーなのに甘すぎない1LDK

大人女子にぴったり! ガーリーなのに甘すぎない1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1LDKで暮らしている___m3a1r9i___さん。清潔感のあるシンプルな部屋にキュートなアイテムを散りばめて、爽やかな...
とりぐら編集部
2020.07.13
フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

フルリノベーションで見違える部屋に! アイテム使いもシックでかわいい1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、築34年の1LDKをフルリノベーションしておしゃれに暮らす_nevvxnevv_さん。写真も参考に、お気に入りのアイテムや...
とりぐら編集部
2020.07.10
ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

ナチュラルホワイトなお部屋! 骨董品と新しい物をセンスよくMIXした1DK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1DKに暮らすeden_bbrさん。アンティークの家具などの古いもののなかに、流行のアイテムを上手に取り入れています。写真...
とりぐら編集部
2020.07.10

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた