2020年03月27日 更新

素材と独創的なデザインがこだわり! 目にも楽しいインテリアをクラッシュゲート吉祥寺店で見つけよう

テーブルの木材やソファの革など素材のよさが目を見張るショップ「クラッシュゲート」を取材しました。なかでも、ほかにはないオリジナルデザインの家具がセレクトされているという吉祥寺店。ものづくりへかけた熱い思いや家具のこだわりについて伺いました。

“素材のよさ×ユニークなデザイン”で人気を誇るクラッシュゲート。
全13店舗のなかでも、インテリアショップがひしめき合う街で存在感を放っているのは、クラッシュゲート吉祥寺店です。「個性的で目の肥えた人が多いので、誰も持っていないような、オリジナルデザインの家具を選んでいます」という店長の大場さんに話を聞きました。
クラッシュゲート吉祥寺店 店長 大場 さやかさん

思わずトキメク! 遊び心のあるデザイン

福岡県大川市にあるインテリアメーカー・関家具のデザインチームが手掛けたユニークなつくりの家具や雑貨を販売しているお店、クラッシュゲート。インテリアショップが軒を連ねる吉祥寺でも、ひときわ個性の光るアイテムを豊富に取りそろえています。
大場さん

くせのあるデザインは、お店のコンセプトによるものです。「これまでの常識や固定観念を壊して、新しいものを生み出す」というところから、店名に壊すという意味のクラッシュを入れました。

これまでにないデザインのインテリアをつくり、それらをお客さまが目にすることで「心躍るものとの出会い」を演出したいと考えています。たとえば、旅先で沸き起こるワクワク感をお店でも感じていただけるようなアイテムをご用意しています。

脚が車輪になっているローテーブルや、高さの異なる背もたれを組み合わせたソファなど、一般的な家具とはちょっと違う、楽しさ溢れる斬新な家具を見つけることができます。

でも、興味を駆り立てるのは見た目だけではありません。良質な牛革のソファなど素材にも非常にこだわっているんです。
大場さん

素材を追求する理由は、「いい暮らし」について考えたとき、お気に入りや思い入れのある家具に囲まれて暮らすことが大切だと感じたからです。大事なインテリアと長く共に時間を過ごせるよう、良質な無垢材を使うなど品質の高い素材を使っています。

そして、普段何気なく使うデスクや椅子がその人の「特別」となるよう、たとえばテーブルの木材の節を削らずあえて残すことで、木のぬくもりをより感じるようにしている、など家具へ込めた思いをお話しています。

多くの人に愛してもらえるよう、クラッシュゲートでは、素材やテイストの違うブランドをたくさん取り扱っています。早速、ご紹介していきます。

古材×スチールでインダストリアルな雰囲気の「ノットアンティークス」

クラッシュゲートのメインブランドである「ノットアンティークス」は、古材×スチールの組み合わせに代表される無骨さが特徴的。古木の醸し出す味わい深い風合いが目を引く家具がそろっていますよ。

クライド サイドボード1400 ¥115,500

こちらは、棚下に2段のオープン収納とスライド式扉がついたサイドボード。扉の古材のナチュラルブラウンとダークブラウンが織り成す美しい木目がポイントです。スチールのビンテージパーツも色味を引き締めています。古材の持つヴィンテージ感と丸みを帯びたやわらかなデザインが魅力的ですね。

丈夫で無垢な表情をもつナラ材の「イージーライフ」

クラッシュゲート吉祥寺店で、ノットアンティークスと並ぶ人気を誇る「イージーライフ」。
自然な風合いを大切にしているこちらのブランドは、ナラ材という、オーク材のなかでも寒い地域で生育しているため木目が詰まった木材を使用した家具を提案しています。年輪や節がはっきりしていて、丈夫で重量感があるのが特徴です。

アウロコーヒーテーブル ¥46,200

もちろん、クラッシュゲートらしい楽しさを感じるデザインも魅力のひとつ。黒い鉄製のネームプレートを引き出しにつけたローテーブルはその代表格です。ネームプレートがアクセントになり、遊び心のある仕上がりになっています。

さらに、木の持つ本来の手触りをより感じられるよう、樹脂でコーティングする一般的なウレタン塗装ではなく、オイル仕上げにしています。そうすることで、メンテナンスをきちんとすれば、長く使い続けられるテーブルになるんです。
大場さん

販売するときに、長く愛用いただくためのメンテナンスの方法もしっかりお伝えしています。お手入れに必要なオレンジオイルやワックスは店頭で手に入れられますよ。

オレンジオイルは汚れを落とすのに効果的。家具用のワックスやオイルは、キズがついたときに使いましょう。やすりでキズを削り、ワックスかオイルを染み込ませた布で木目に沿って拭けばOK!

いつか欲しい! 上質なソファ「タブー」

ヴィンテージデザインからモダンスタイルのソファまで幅広く展開しているソファブランド「タブー」。

オピアム2.5人掛けレザーソファー ¥275,000

このタブーという名前は、これまで日本で敬遠されていた素材をあえて使っていることに由来します。
日本では牛が生きていたころに負った天然のキズを塗装で隠すのが一般的でしたが、タブーはそのままの革をソファに使っているんです。このキズは「ナチュラルマーク」と呼ばれ、本来の表皮を使用している証でもあります。そのため、ナチュラルマークのある皮は良質なものという認識がヨーロッパでは以前からありました。

とはいえ、キズのついた部分はソファの裏面など目立たない位置に来るように調整しています。「表面の目立つところにキズがある……」という心配もいりません。
また、使い込むほどに革の表情が変化して艶やかになるのも牛革の特徴です。いつか手に入れて、長く愛用していきたいインテリアですね。

ソファの裏側に入ったナチュラルマーク。パッと見てもどこにあるのかわからない程度のキズでも表に出ないように仕上げています。

グリム3人掛けソファー肘付 ¥275,000

オイルレザーの重厚感漂うこちらのソファ。
オレンジの座面はヌバックと呼ばれ、皮革の表面を細かく削って起毛させています。オイルレザーとヌバックの異素材の組み合わせがかっこいいですね。

まとめ

ほかにも色々なブランドがあり、どれもデザインだけでなく素材や仕上げ方にまでこだわっています。これらのインテリア、実は春夏と秋冬の年に2回新商品が登場します。ちなみに今季の新作はデニム素材が多め。この季節にぴったりな明るいカラーのアイテムもありますよ。ぜひ、クラッシュゲートでお気に入りを見つけてみては?
  • クラッシュゲート吉祥寺店のアイテムがお得に手に入る!

年5回のパルコセールに合わせて、特別価格で商品を提供することがあります。
さらに、パルコセールとは別に1年に2回シークレットセールを開催。店頭で住所などを登録した人限定で、10%オフのセールの案内はがきが届くのでぜひチェック。

取材協力

クラッシュゲート吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺PARCO B1階
0422-27-5826
10:00~21:00営業、定休日は商業施設に準ずる

ショップ情報へ

※価格はすべて税込み

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

理想のくつろぎ空間! クラッシュゲートに学ぶ憧れのお部屋作り

理想のくつろぎ空間! クラッシュゲートに学ぶ憧れのお部屋作り

遊び心のあるデザインが魅力のインテリアショップ「クラッシュゲート吉祥寺店」。テーブルやソファ、照明、ラグからテーブルウェア、スリッパまで豊富な品ぞろえのお店です。なかでも、リ...
とりぐら編集部
2020.04.06
イギリスのヴィンテージ家具を知ろう! 吉祥寺の家具店「トランジスタ」レポート

イギリスのヴィンテージ家具を知ろう! 吉祥寺の家具店「トランジスタ」レポート

北欧デザインの影響を大きく受けたイギリスのヴィンテージ家具を扱う「トランジスタ」。不具合を直して現代の家具になじむよう磨き上げるなど、買い付け後の丁寧なメンテナンスに定評のあ...
とりぐら編集部
2020.05.27
一人暮らし向けソファについて考えよう! FEDERICOⅡHOMEに聞く3つのスタイル・5つのポイント

一人暮らし向けソファについて考えよう! FEDERICOⅡHOMEに聞く3つのスタイル・5つのポイント

ソファは部屋で過ごす時間をグンと快適にしてくれる大切な存在。ソファのある暮らしを実現したいと考えているなら、一人暮らし向けソファの選び方をチェック! 「カバーリングタイプ」「...
とりぐら編集部
2020.03.16
“ナチュラル×かわいい”が好きなら「MOMO NATURAL」へ。暮らしに寄り添う天然木の家具でつくる心地よい毎日。

“ナチュラル×かわいい”が好きなら「MOMO NATURAL」へ。暮らしに寄り添う天然木の家具でつくる心地よい毎日。

“シンプル&ナチュラル“な部屋づくりを目指すとき、ぜひ参考にしたいのがインテリアショップ「MOMO NATURAL(モモ ナチュラル)」の世界観。駅前の商業施設にあって気軽に...
とりぐら編集部
2020.08.31
豊かに暮らすヒントが見つかる! フランスアンティーク雑貨店「BROCANTE」の魅力

豊かに暮らすヒントが見つかる! フランスアンティーク雑貨店「BROCANTE」の魅力

なにかと忙しい日々の暮らしのなかで、ほんの少しだけ立ち止まって、美しい”もの”を眺める時間があったら素敵だと思いませんか? 今回はそんな、思わず目をとめてしまうような”美しい...
とりぐら編集部
2020.07.31

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた