絶対覚えておきたい!「おかめ」にならないチークのコツ

絶対覚えておきたい!「おかめ」にならないチークのコツ

2015/03/13

ヘアメイクの基本

関連キーワード:

絶対覚えておきたい!「おかめ」にならないチークのコツ

頬にチークを入れると顔を立体的に、そして顔色をよく見せてくれます。最近の流行は赤みが強かったり、目のすぐ下に入れる個性的な方法もありますが、就活では理知的で清潔感ある色選びと入れ方がポイントです。

雑誌や広告など幅広く活躍中のヘアメイク、江頭亮子さんが就活に適したチークの入れ方を伝授してくれました。



真正面ではなく、サイド側に入れましょう

チークの色は口紅と合わせるのがベスト。就活ではチーク、口紅ともに肌馴染みのよいピンクベージュがおすすめです。発色のいいピンクや強めの赤に比べて落ち着いた印象に見せてくれます。チークを入れる位置は黒目の中心よりややサイド(耳側)を起点に、頬骨に沿って外側斜めに丸く入れます。筆を卵形になるよう動かすとよいでしょう。

真正面にまん丸の形で入れると幼くカジュアルな印象になるので、サイドよりに入れるのがポイントです。チークとハイライトがセットになっている場合、ハイライトを下まぶたにさっと入れると、より立体的に明るく仕上がりますよ。

プチプラコスメでおすすめはCANMAKEのチーク。控えめなパール入りで筆付きなので便利です。



文・吉田奈央


【プロフィール】

江頭亮子さん

SASHU、バンタン等のヘアメイクスクールを卒業後、ケサランパサランにて店頭美容アドバイザー並びに社内教育トレーナーを歴任する。ピーズアップ誌等のマガジン、ユナイテッドアローズやアルビオン等のカタログや広告の撮影、ブライダルメイク、そして講師業も手がける。また、パリコレクション DIORショー への参加など、多岐に渡り活躍中。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ