あなたは答えられる?就活でよく聞く「テストセンター」とは

あなたは答えられる?就活でよく聞く「テストセンター」とは

2015/03/12

就活の悩み・疑問

関連キーワード:

テストセンターとは、専用会場のパソコンで受ける SPI試験を指します。テストセンターは、SPI で最も実施されている方式です。テスト会社が用意した会場に出向いて、パソコンで受けるのです。



【テストセンターの基本構成】

●性格検査(所要時間:約 30 分)

テストセンターの受検予約をするときに、自宅のパソコンなどで受検します。

●基礎能力検査(所要時間:約 35 分)

テストセンターの会場に出向いて、会場のパソコンで受けます。基礎能力検査は、同じ時間内に言語と非言語の検査が実施されます。

【テストセンターのオプション検査】

●英語検査(ENG)(所要時間:約 20 分)

●構造的把握力検査(所要時間:約 20 分)

いずれも、テストセンターの会場に出向いて、会場のパソコンで受けます。実施の有無は企業により異なります。テストセンター方式で実施されるSPI は、大学生対象(SPI-U)、一般企業人対象(SPI-G)、高校生対象(SPI-H)があります。


SPI以外のテストセンターが登場

これまで「テストセンター」といえば SPI だけでした。しかし、2013年7月にヒューマネージ社の「TG-WEB」、2013年8月に日本エス・エイチ・エル社の「玉手箱」(テスト名はC-GAB)で、新しくテストセンター方式が登場しています。いずれも、テスト会社が用意した専用の会場に出向いて、備え付けのパソコンで受検をします。



今回の就活に効く一冊



これが本当のテストセンターだ!2016年度版

著/SPI ノートの会
発行日/2014年9月1日

価格/本体1,500円+税
発行/洋泉社

〔1〕SPI3対応のテストセンター専門対策書!
本書は、SPIで最も多く実施されている「テストセンター方式」の専門対策書です。テストセンターの実態をふまえ、即効性の高い解説を掲載。初期選考に備えて早めに対策を始める人にも、受検の直前対策をする人にも最適な一冊です!

〔2〕テストセンターのすべての検査に対応!

テストセンターで出題される基礎能力検査(言語、非言語)、オプション検査(英語検査、構造的把握力検査)、性格検査のすべてに対応。本書一冊で、テストセンターで実施されるすべての検査の対策ができます!

〔3〕実際の出題範囲、出題内容を忠実に再現!
実際にテストセンターを受検した就活生の皆さんから寄せられた報告に基づき、問題を高い精度で再現しています。

〔4〕最新の出題傾向を反映!
就活生の皆さんから寄せられたご要望にお応えし、今年度版では基礎能力検査(言語、非言語)、構造的把握力検査を増問。最新の傾向に基づいた問題に取り組むことができます。

この書籍の詳細を見る・購入する http://www.yosensha.co.jp/book/b181951.html

※玉手箱のテストセンター(テスト名は C-GAB)は、『8 割が落とされる「Web テスト」完全突破法【1】』(洋泉社)の 2016 年度版で解説。※TG-WEB のテストセンターは、『8 割が落とされる「Web テスト」完全突破法【2】』(洋泉社)の 2016 年度版でも解説されています。


著者プロフィール

SPI ノートの会
1997 年に結成された就職問題・採用テストを研究するグループ。2002 年春に、『この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!』(洋泉社)を刊行し、就職界に衝撃を与える。その後、『8 割が落とされる「Web テスト」完全突破法』シリーズをはじめ、『CAB・GAB 完全突破法!』『こんな「就活本」は買ってはいけない!』『完全再現 NMAT・JMAT 攻略問題集』『「良い人材」がたくさん応募し、企業の業績が伸びる 採用の極意』『転職者用 SPI3 攻略問題集』『これが本当のテストセンターだ!』『これが本当の SCOA だ!』(いずれも洋泉社)を刊行し、話題を呼んでいる。サイト httpwww.spinote.jp

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ