面接で「結婚後も仕事を続けたい?」と聞かれたときの答え方のポイント

面接で「結婚後も仕事を続けたい?」と聞かれたときの答え方のポイント

2015/03/06

女子のための就活講座

関連キーワード:

面接で「結婚後も仕事を続けたい?」と聞かれたときの答え方のポイント

女子のみなさん、面接中に「結婚をしても仕事を続けたいか」と聞かれたとき、あなたは一体どう答えますか? 続けたい意志を伝える際に付け加えるといい一言と、続けたくないと思っている人が答える際のアドバイスを、キャリアカウンセラーの水野順子さんにお聞きしました。

■結婚をしても仕事を続けたい場合

結婚をしても仕事を続けたいと思うなら、ぜひ、それを積極的に伝えてください。採用側も、長く続けられる人を雇いたいという気持ちは必ずあるので、効果的です。ただし、面接で答えるときには、「結婚しても『御社』で仕事を続けたい」と伝えることがポイント。「続けたい」だけでは、結婚を機に退職して、転職先で仕事を続ける可能性も考えられます。ですから、「この会社で」長く働きたいということをしっかり伝えましょう。

■結婚を機に仕事をやめたい場合

まず、「結婚したらやめたい」という返答は、ほぼマイナスの印象を与えることを覚えておきましょう。もちろん、面接で嘘をつけとは言いませんが、現代女性の平均結婚が約29歳であることを考えると、新入社員にとって結婚はまだまだ先の話。何が起こるかわからないのが人生ですので、いまから結婚後に必ず辞めることを決めつけてしまうのはそもそももったいないこと。今は素直にそう思えなくても、将来どうなるかわからないことも加味して、「結婚しても続けていきたい」と前向きに答えてみてはいかがでしょうか。

■いま一度、自分の結婚観、仕事観を見直そう

「いや、それでも私は結婚を機に仕事やめたい」と思う人は、それを面接で答える前に、なぜそう思うのかを自分に問いかけてみましょう。いざ考えてみると、それは昔から抱いていた「なんとなく」なイメージであったり、あるいはいま付き合っている彼との将来を考えて……というものではないでしょうか。漠然としたイメージやいまの約束事だけで、将来を決めつけるのは早すぎます。辞めることはいつでもできますから、ぜひ結婚をしても続けてみようというスタンスで仕事に取り組むことをオススメします。

確かに、幸せな結婚は憧れるもの。でも、初めから辞めることが前提だと、スキルやノウハウを吸収し、成長するチャンスまで逃してしまいます。辞めることはいつでもできるからこそ、いまの状況で可能性を狭めず、仕事を前向きに楽しむ姿勢を持って面接に臨みましょう。

文●中村朝紗子

水野順子さんプロフィール
キャリアカウンセラー、キャリアコレクション代表取締役。女性とキャリア研究所主宰。ストレスケアや人間関係の築き方からライフプランまで含めたキャリアライフ支援を行っている。近著に『責めない しがみつかない 投げ出さない自分らしい人生を受け入れ、楽しむ女性になるための48のコツ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。http://www.careerlabo.com/

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ