留学生向け自己紹介方法 日本企業はなにを見てるの?

留学生向け自己紹介方法 日本企業はなにを見てるの?

2019/03/25

就活の基礎知識

関連キーワード:

外国から日本へやって来た留学生にとって、日本での就職活動(就活)ではさまざまな困難が待ち受けるでしょう。ここでは就活中に体験するであろう「自己紹介」にフォーカスし、外国人留学生だからこそ気を付けておきたいポイントをまとめました。

留学生向け自己紹介方法 日本企業はなにを見てるの?

企業が留学生に期待することとは

そもそも、なぜ日本企業が留学生を採用するのかと言うと、国籍を問わず優秀な人材を確保するため。留学生には日本語でのコミュニケーション以外に、独自が持つ強みを発揮してくれることを期待しています。
とくに海外事業を強化中、あるいは展開予定がある企業では、「橋渡し」役となる人材確保が求められるため、語学力や、出身国についての知識などはアピールポイントとなるでしょう。

2017年2月にマイナビ調査で発表されたものによると、企業側が求める外国人留学生の資質やスキル上位7つは、以下の通りです。

1位:日本語能力
2位:コミュニケーション能力
3位:適応力
4位:行動力
5位:日本語以外の語学力
6位:バイタリティ
7位:企業や業界に対する興味・志望
ほか

出典:【2017年卒】企業外国人留学生採用状況調査(PDF)

日本語能力については、会話や読み書きが問題なくできる「ビジネスレベル」を希望する企業が回答企業の6割、という調査結果でした。

自己紹介で伝えたいこと

自己紹介を作成する前に、まずは自己PRとの違いを把握しておきましょう。自分の能力などをアピールする自己PRに対し、自己紹介では「自分らしさ」を簡潔に表現することが重要になります。

自己紹介に盛り込めること
・日本へ留学を決めた理由
・アルバイト
・部活動
・趣味や特技
・日本で取得した資格や免許
・奨学金(成績優秀者向けのもの)の有無 など

上記の内容を具体的に、自分らしさが伝わるように表現するのが自己紹介です。

たとえば、努力家だということを伝えたい場合。自己紹介で「わたしは努力家です」と言われると、根拠や説得力が足りないと思われることも。そこで、「大学の授業とアルバイトの合間をぬって勉強し、日本で○○資格を取得しました」と具体的に表現してみましょう。
こうすることで「時間の管理ができる人だな」、「目標に向けて努力ができるのだな」という長所を伝えられます。取得した資格が能力の裏付けにもなって好評価が期待できます。

例1.留学理由を盛り込む

たとえ日本への留学を決めた理由を盛り込んで、自己紹介文を考えてみましょう。「なぜ日本に来たのか」という理由や目的は人によって違うので、自分らしさを表現しやすくなります。母国での勉強ではなく、あえて海外留学を選んだ積極性をアピールすることもできます。

・例文
出身国では、日本のキャラクターが人気です。中でもわたしは「キティちゃん」が好きで日本に興味をもち、日本語を勉強するようになりました。現地の大学で日本語を学ぶうちに、実際に日本へ行って日本のことをもっと知りたいと強く感じるようになり、留学を決意しました。

例2.言語スキルを盛り込む

特技として、英語や中国語などの各言語スキルを自己紹介に盛り込むのもおすすめ。とくに、外国人留学生の就活で重視される「日本語のスキル」は、どの程度話せるのか語学レベルについても具体的な情報を付けましょう。

・例文
日本での留学中に、日本語能力試験1級に合格しました。仕事でも生かせるよう、ビジネス日本語関連の書籍を読み、日々、日本語学習に取り組んでいます。

ESや面接での注意点

就活中の「自己紹介」は、実際には「エントリシート」(ES)に書いたり、面接のときに口頭で伝えることになります。満足のいく自己紹介をするために、ESと面接それぞれで押さえておきたいポイントを紹介します。

【ESに自己紹介を書くとき】
・必ず企業の用意したフォーマットに従って書く。
・文字はスペース内に収まるように丁寧に記入を。
・文字量が少な過ぎるのはNG。スペースの8割は埋めるようにする。

【面接で自己紹介をするとき】
・「自己紹介をしてください」と言われたら、目安はひとり1分程度。
・必ず言わないといけないのは、氏名、大学名・学部名。
・これまで力を入れてきたことについても、簡潔に伝える。
・日本語が上手に話せるかどうかは、それほど重視されない場合も。
・内容はもちろん、話す態度も見られている。
・面接官の目を見て落ち着いて話すようにする。

まとめ

ESでの自己紹介と、面接での自己紹介。どちらも緊張するものですが、ポイントを押さえることで落ち着いて取り組めるのではないでしょうか。留学で積み重ねてきた経験に自信を持ち、就活では自分がどのような人物なのかをしっかりと紹介してください。

(学生の窓口編集部)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ