エントリーシートの書き方は?読みやすいエントリーシートを書くコツ【就活アドバイザー・篠原真喜子が教える就活術】

エントリーシートの書き方は?読みやすいエントリーシートを書くコツ【就活アドバイザー・篠原真喜子が教える就活術】

2018/08/09

自己分析

エントリーシートの書き方は?読みやすいエントリーシート

就職活動やインターンシップの第一関門であるエントリーシート。面接などの選考に進むためには、まずこのエントリーシートを突破する必要があります。しかし、いざエントリーシートを書こうと思っても「どのように書けばいいのか、書き方がわからない」「書いてみたはいいものの、なかなか通過しない」などと戸惑う就活生は多いでしょう。面接官や採用担当者に響くエントリーシートを作成するためには、きちんと基本の書き方やマナーを知っておくことが重要です。

今回は就活キャリアアドバイザーとして、朝日新聞デジタルの「朝デジ就活ナビ」にて連載「篠原流 就活スタイル」を受け持つ篠原さんに、エントリーシートの書き方の基本や、なかなかエントリーシートが通らないときの改善方法をお伺いしました。

エントリーシートとは? エントリーシートの書き方の基本


エントリーシートとは、企業が独自に作成した選考のための書類のこと。面接をできる人数には限りがありますから、採用担当者はエントリーシートに書かれた内容をもとに、次のステップに進める学生を選別していきます。代表的な質問は「自己PR」「志望動機」「学生時代に頑張ったこと」「困難を乗り越えた経験」「入社後に携わりたい仕事」「最近気になるニュース」などですが、なかにはその企業ならではの変わった質問をされることも。志望者全員に同じ質問をするので、学生同士の比較もしやすくなるんですよね。

では、面接官に「会いたい」と思わせるエントリーシートを書くにはどうしたらいいのでしょう。まず、エントリーシートの基本から確認です。

基本

・丁寧な文字で書かれていて、誤字脱字がない
・指定がなければ原則手書き。黒か青のボールペンを使用
・手書きの場合は、詰め込み過ぎず空きすぎず、読みやすいレイアウトで
・文字数指定がある場合は、指定文字数に合わせて書く(400字なら395~400字で)
・企業の指定する方法で、締め切りまでに提出する

次に、会いたい!と思わせるエントリーシートを書くコツです。

会いたい!と思わせるエントリーシートを書くコツ

1行目が勝負。結論ファーストで

→人気企業だと、1枚当たり10秒程度で合否が判断されることも。つまり1行目で読み手を引き付けることが大切です。

わかりやすい文章で簡潔に書かれている

→一文は50~70文字を目処に、短めの文章をつないでいきましょう。その際、接続詞の多用には注意。逆説の接続詞以外は省略してしまっても文意は通じることが多いです。文章を短くすれば、主語述語のねじれ防止にもつながります。

具体的な数字やエピソードが入っている

→アピールしたいことと、それを立証するエピソードはセットで書きましょう。

上位10%での通過を目指す

→エントリーシートは、通過したら終わりではなく、最終面接までずっとついてくるものです。面接の質問もエントリーシートからされることが多いです。私の経験上、上位10%でエントリーシート通過できると、その後の選考も有利に進められる確率がグッとアップします。

次のページESに修正テープを使うのはアリ?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ