受けたい企業・業界が見つからないときにやるべきことTop5! 就活経験者に聞いた

受けたい企業・業界が見つからないときにやるべきことTop5! 就活経験者に聞いた

2017/11/01

業界研究

企業研究



就職活動は今後社会人として働く会社を決める大事なもの。とはいえ、なかなか受けたい企業や業界が見つからず、困っている人もいるしょう。一体先輩たちはどうやって自分の行きたいと思う企業を見つけていったのか? そこで、今回は就活経験者の社会人を対象に受けたい企業・業界を見つけるときにやるべきことを先輩たちに聞いてみました!

▼こちらの記事もチェック!
人事コンサルが教える! 就活で「コミュニケーション能力」が重視される理由

■就活で受けたい企業・業界が見つからないときに、まずやるべきことはなんだと思いますか?

第1位「インターンに参加」39人(14.8%)
第2位「四季報や業界地図を購入」19人(7.2%)
同率2位「企業のホームページを閲覧」19人(7.2%)
第4位「自己分析」17人(6.5%)
第5位「キャリアアドバイザーへの相談」16人(6.1%)
同率5位「合同説明会に参加」16人(6.1%)

●第1位「インターンに参加」

・仕事へのイメージがつく(男性/25歳/人材派遣・人材紹介)
・なんでもやってみないとわからないので(男性/28歳/情報・IT)
・インターンで職場の雰囲気を掴む(女性/23歳/金属・鉄鋼・化学)
・きっかけづくりになる(男性/34歳/食品・飲料)

●第2位「四季報や業界地図を購入」

・まず俯瞰して研究することが大切だと思うから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・リフレッシュしながら見られるから(女性/29歳/その他)
・まずは業界地図!(男性/25歳/電機)

●第2位「企業のホームページを閲覧」

・会社の事業内容等の基本的な情報を調べるため(男性/34歳/商社・卸)
・積極的にいろんな企業を探してみて興味を持つべきだと思うから(女性/23歳/アパレル・繊維)
・基本の情報が書かれているはずだし、面接でもその内容は知っているものとして話が進むと思うから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・どういった職種なのか知らないと応募できない(女性/23歳/自動車関連)

次のページやっぱり○○も大切?!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ