【例文つき】ソフトウェア・通信業界を目指す就活生のための志望動機の書き方

【例文つき】ソフトウェア・通信業界を目指す就活生のための志望動機の書き方

2017/06/04

志望動機

業界研究

最近ますます需要が高まっているソフトウェア・通信業。就活生のみなさんのなかにも、ソフトウェア・通信業界を目指す方も多いでしょう。ソフトウェア・通信業界を志望するにあたっては、「ソフトウェア・通信業界とは、なにを実現することで社会に貢献するのか?」という本質を掘り下げたうえで志望動機を作成することが大切です。ソフトウェア・通信業界を志望する場合の、志望動機の書き方を解説します。

▼こちらもチェック!
IT・ソフトウェア関連職に内定した先輩の志望動機を見る!

1.ソフトウェア・通信業界とは

「ICT(Information and Communication Technology)」というキーワードからもわかるように、「情報処理(IT)」と「通信(Communication)」の融合が進み、ソフトウェアと通信は、一つの業界とみなされるようになっています。
この業界を志望する場合は、

(1)超高速ネットワーク基盤を提供する会社
(2)超高速ネットワークを活用するゲームなどのソフトウェアを開発する会社
(3)SNS(social networking service)を提供する会社
(4)企業の業務効率化に繋がるコンピューターシステムを開発する会社、その保守・運用を手掛ける会社
(5)ICT活用の専門家としての助言を提供する会社

など、さまざまな事業がある中で、どれを中核事業とする会社を志望するか? を絞り込む必要があります。

2. ソフトウェア・通信業界が提供する本質的なモノは?

ソフトウェア・通信業界が社会に提供する本質的なものは、「支援」です。たとえば、システム開発や大容量のサーバーを貸し出すことで、業務の効率化や経営のスリム化を支援します。SNSを提供することで、情報収集力や発信力の拡大を支援します。高速ネットワークを提供することで、コミュニケーションを支援します。

3.志望する事業分野を絞り込む

志望動機の作成にあたっては、自分は『なに』を通して、『社会全体・企業・個人』のいずれを支援したいのかを絞り込むといいでしょう。また、『営業コンサル・開発・運用管理・企画』などの、『どの職種』で応募するかも絞り込んでおくことをおすすめします。

絞り込まないままでは、『ICTを駆使して、社会の発展に寄与したいです』などのように、どうしても漠然とした志望動機になりがちだからです。

次のページ志望動機の作成の手順は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

ページトップへ