面接官と話が弾んだ! 就活で面接の場が和んだきっかけ8選

面接官と話が弾んだ! 就活で面接の場が和んだきっかけ8選

2017/05/14

ニュース&コラム

就活の面接はちょっと重苦しい雰囲気が漂っていることが多くて、なんだか緊張してしまうものですよね。しかし、ふとしたことがきっかけで急に和やかなムードになるときもあると思います。そこで今回は、面接の場が和やかになったきっかけについて、就活を終えた大学生のみなさんに聞いてみました。



■場が和んだ面接で、和やかになるきっかけとなった自分や面接官・周りの就活生の言動を教えてください。

●緊張していることが話題に出て

・面接官も言葉を噛んでしまったときがあって、「僕も緊張している」と言っていたときは、みんなで笑った(女性/22歳/その他)
・面接官が他の応募者の名前を読み間違えたとき。「私も緊張しているので」と言われた(女性/22歳/大学4年生)
・同じ面接を受ける人と「緊張するね」と話したことで、みんな同じ気持ちなんだとホッとした(女性/22歳/その他)
・緊張しすぎと笑われたこと。和やかな雰囲気になった(男性/23歳/その他)

●「会社までどうやって来ましたか?」

・自転車で来たことを伝えた。へぇ~っすごいねと言われた後は話しやすかった(男性/24歳/その他)
・交通手段を聞かれ、その日は大学から移動したのでその旨を伝えると、家からどうやって来るのか聞かれた。「理系だもんね、就活ばっかりしてないよね」という雰囲気になった(女性/24歳/その他)
・駅からどうやって来たのと聞かれ、タクシーですと答えたら「タクシー代高かったやろー」と言われ、その流れで会話をしていたら緊張が少しほぐれた(男性/24歳/その他)
・「ここまでどうやってきましたか」という質問や雑談。最寄駅周辺の施設や自分の地元などの雑談で和んだ(女性/24歳/大学院生)

●「いつも通りでいきましょう」

・自己紹介がうまくできずに詰まってしまった就活生に「今日はまだ一次面接なのだから、アットホームにいきましょう!」と、面接官が和やかに対応してくれた。面接官全員が笑顔を見せてくれたことで、全員少しリラックスすることができたから(女性/22歳/その他)
・グループディスカッションで「タメ語で話しましょう」って言った人がいた。話しやすくなった(女性/22歳/大学4年生)
・「いつも通りでいいからね」と言われて、笑顔を引き出してもらえた(男性/29歳/農林・水産)

次のページ地元が一緒だと盛り上がる!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ