やっちまった! 就活の面接で奇をてらってスベった自己PR8選

やっちまった! 就活の面接で奇をてらってスベった自己PR8選

2017/03/14

就活hack

将来を左右する就活。少しでもアピールしようとがんばってしまう気持ちもわかりますが、的外れのがんばりでは失敗してしまう可能性があります。特に自分の強みを知ってもらえる自己PRで失敗してしまうと印象も悪くなってしまいますよね。今回は就活を経験した大学生のみなさんに、自分自身が奇をてらって失敗してしまった自己PRの方法や、周囲の就活生が失敗していた方法について聞いてみました。

▼こちらもチェック!
ウケ狙いは危険?! 面接で思いきり滑った受け答え5選「短所は?→ありません!」

■就活で奇をてらってスベってしまった自己PRはどんなものでしたか?

●特技や一発芸を披露

・特技を披露した。場にそぐわなかった(女性/23歳/大学4年生)
・特技に変顔と書いていて、披露させられていた。場が凍りついた(女性/22歳/大学4年生)
・一発芸をした人がいた。非常識だと思った(女性/22歳/大学4年生)
・特技「一発芸」と書いたこと。狙ってることがバレバレだったから(女性/25歳/大学院生)

●趣味や好きなもののアピール

・「読書が趣味です」と言って、自分が持ち歩いている本をカバンから取り出した人がいた。本の内容について説明を求められたがうまくまとめられていなかったし、実物を持ってくる意味がないと思った(女性/22歳/大学3年生)
・「趣味はライブに行くこと」と答えて、自分の好きなアーティストの話をしたら、面接官が知らない人で反応が薄かった。自分の話す熱量と、相手との温度差を感じた(女性/22歳/大学4年生)
・「私の趣味は電車の中で知らない人に話しかけることです」という人がいて、面接官が対応に困っていた。おそらくコミュニケーション能力をアピールしたかったはずだが、適切なエピソードではなかったと思う(男性/22歳/大学4年生)
・「ラーメンが好きです!」と言った人が「ふざけてんの?」と言われていた(男性/22歳/大学4年生)

●PRした内容と実際がずれている

・「長所です」と言ったことが明らかに短所だった人がいた。それ、短所だよねって突っ込まれていた(女性/22歳/大学4年生)
・空手部主将をやっていたとか言って全然そんな感じがしなかった。信憑性が薄かった(女性/22歳/大学4年生)
・「長所は元気なところです」と言っているのに元気がない人がいた。矛盾している(女性/22歳/大学4年生)
・「長所は知的好奇心が強いことです」と言った人が、面接官に「あなたの学部には〇〇コースと△△コースがありますが、〇〇コースを選んだ理由はなんですか」と聞かれた際に「△△学に興味を持てなかった」と答えていた。「知的好奇心が強い」という長所と矛盾した回答であり、面接官も怪訝な顔をしていた(女性/22歳/大学4年生)

次のページ会社によってはウケない自己PRも……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ