差別化が大事! 自己PRとガクチカで他の就活生に差をつけるアピール方法7選

差別化が大事! 自己PRとガクチカで他の就活生に差をつけるアピール方法7選

2017/03/05

就活hack

差別化が大事! 自己PRとガクチカで他の就活生に差をつけるアピール方法7選

ESの中でも、自己PR欄と学生時代にがんばったことの項目は、何を書くべきか悩んでしまうという人も少なくないと思います。ありきたりなことを書いてしまうと他の就活生と被ってしまい、面接官に自分の魅力が伝わらない可能性も。そこで今回、内定済みの大学生のみなさんに他の人と差をつけるために工夫したことを聞いてみました!


▼こちらもチェック!
面接で「自分を動物で例えると何?」と聞かれたら、なんて答える? 「あなたを動物で例えると」診断

■ESで「自己PR」と「学生時代にがんばったこと」に差をつけるためにした工夫は何ですか?

●サークル活動等でリーダシップを取ったこと

・サークル、学外活動でのリーダーシップや海外経験。外資系の企業を受けていたため海外経験をアピールした。また、人と違う経験談を話す方が印象に残ると思ったから(女性/23歳/大学4年生)
・リーダーシップを取った経験を書いた。苦労した話で、話が膨らんだから(女性/20歳/短大・専門学校生)
・自己PRにはサークル活動でリーダシップを取ったという自分の長所がよく出たエピソードを、学生時代にがんばったことには自分が苦労して努力したバイトでの経験を書いた。似通った内容になりがちだと思ったけど、絶対に掘り下げて聞かれる質問だと思ったから自分の中できちんと明確にしておいた(男性/24歳/大学4年生)
・リーダーだと言った。リーダーは評価がよさそうだから(男性/23歳/大学院生)

●バイトでの経験について

・自己PRはバイトについて書き、ガクチカは大学の勉強について書いた。2つとも同じ題材だと引き出しのない人間だと思われそうだから(女性/21歳/大学4年生)
・バイトの経験からどんなことを学んだか、なにが大切なのかを意識して書いた。普通にバイト続けて頑張りました、という内容だけでは当たり前だから(女性/22歳/大学4年生)
・部活、勉強、アルバイトなどいくつかのエピソードを用意して、そこから選択しながら書いた。 話が上手ではないので質問に応えられるように用意しておかないと不安だったから(女性/23歳/大学4年生)
・学生時代にがんばったことには自分が苦労して努力したバイトでの経験を書いた。どこに問題があってどのようにがんばったかをアピールできるから(男性/22歳/大学4年生)

●部活動やスポーツについて

・自己PRは自分が長く続けてきたこと。がんばったことは大学生活の中の部活動について(女性/22歳/大学4年生)
・学生時代にやりたいこと、アルバイトや部活動を特技と含めて書いた。また、アルバイトを同じところで4年間続けたことも書いた。アルバイトに関しては「4年間もやったのは大したもんだ」と言っていただけ、部活動は吹奏楽で、楽器も得意という強みをアピールできた(女性/22歳/大学4年生)
・部活動を続けていたこと 1つの競技を長く続けているこは継続力があるというアピールになるから(男性/24歳/大学院生)
・とにかくスポーツをがんばってきて、それとともに人間性も成長してきたことを伝えた 。一つのことを長く続けることはなによりも大切なことだと思ったから(男性/22歳/大学4年生)

次のページボランティアなど課外活動もあり!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ