役員面接で聞かれる質問と対策 しっかり準備して内定をゲットしよう!

役員面接で聞かれる質問と対策 しっかり準備して内定をゲットしよう!

2017/02/22

就活hack

就活の最後のステージである「役員(最終)面接」。この役員面接では、どういった質問が出るのでしょうか。また、それまでの一次面接や二次面接の質問とはどう違うのでしょうか。今回は、役員面接の「質問」についてまとめてみました。

▼こちらもチェック!
就活の自己PRに使える、あなたの長所・短所診断!

■役員面接ではどんなところを見られている?

役員面接とは、その名のとおり役員、つまり経営者や取締役、また上位管理職といった「偉い人」が面接を行います。採用するかどうかを決める最後の面接となるので、「最終面接」とも呼ばれていますね。この役員面接では、

・人間性
・持っている個性
・会社にマッチするか
・会社に利益をもたらしてくれるか
・会社に入りたいという熱意がどれだけあるか

こうした部分が見られます。この中では特に人間性と熱意の部分にフォーカスされているのが、それまでの一次や二次面接とやや異なる点。とはいえ、役員が対応するわけですから、聞かれる内容はかなり突っ込んだものになってきます。

■役員面接で頻出の質問を覚えておこう!

では、役員面接ではどんな質問が出るのでしょうか。あくまで例ですが、よく出される質問としては以下のようなものが挙げられます。

<役員面接の頻出質問>

1.当社を選んだ理由は何か?
2.具体的に当社で何をしたいか?
3.もし入社したらどんな部署で何をしたいか?
4.この会社を将来どうしていきたいか?
5.この会社が第一希望か?
6.他にどんな企業を受けているか?
7.他に内定が出ている企業はあるか?
8.内定が出たら当社に入社するか?
9.複数の企業から内定が出ても当社を選ぶか?
10.当社の業務についてどんなことを知っているか?
11.最近起こった「時事問題」についての感想、考えていること
12.最後に何かメッセージはあるか?

役員面接では全体的に「その会社に入るかどうか、どれだけ入りたいと思っているのか」を見るための質問が多くなります。「志望理由」などこれまでの面接と同じ質問も出るのですが、一次面接、二次面接と同じ内容ではなく、それぞれの面接で経験したことなども活かして、より具体的な内容にブラッシュアップしておきたいところです。

次のページ役員面接で重要な逆質問のコツとは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ