就活の面接に強くなる! 失敗した理由を自己分析して、次の面接に活かすコツ

就活の面接に強くなる! 失敗した理由を自己分析して、次の面接に活かすコツ

2016/12/09

ニュース&コラム



就活の面接でしっかり準備していたつもりでもなかなかうまく受け答えができず、失敗に終わってしまうことは誰にでもあります。自分の持っている力を出しきれないと後悔が残るのが面接です。よって、「なぜ、後悔の残る面接となってしまったのか」を自己分析し、次の面接に活かしましょう。

▼こちらもチェック!
就活の面接対策で知っておきたい! 頻出の質問と好印象を与えるコツ

1.自己分析は自己PR作りのためだけのものではない

自己分析は、就活の準備段階で、特に自己PR作成のために取り組むものというイメージが定着していますが、実は選考中でも必要なものです。選考期間中は、「面接を終えた後の後悔の内容」を起点とする自己分析にも取り組みましょう。

2.面接後に行う自己分析と対処法の一例

面接に伴う後悔を自己分析する一例を紹介します。

・終始、緊張して頭が真っ白だった
→なぜ、緊張したのでしょう? 初めての面接だから仕方がないですよね。次の面接を早く受験し、「初めて」が原因かを確認しましょう。多くの方は違うはずで、そのことに自分で気づくことが大切です。

・2回目なのに、初めての面接と同じくらい緊張してしまった
→面接前から緊張していたのか、それとも、ある質問をされ、急に緊張したのか?

就職課等の職員の方の助力を仰ぎ、模擬面接に取り組み、面接の雰囲気に慣れましょう。面接官に自ら打ち解ける気持ちで臨むことがポイントです。ある質問から急激に緊張した場合、自分の短所を突かれそうだ等、不安を感じたのでしょう。短所もさらけ出すくらいの正直な面接のほうが好感をもって頂けるというイメージで臨みましょう。

次のページ他にもこんな観点から面接での自分を自己分析してみよう!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ