面接官からの印象をよくする!就活で使える第一印象UPのコツ5選

面接官からの印象をよくする!就活で使える第一印象UPのコツ5選

2016/11/11

就活hack

面接官からの印象をよくする!就活で使える第一印象UPのコツ5選

就活時、特に気を遣うのが面接での第一印象ですよね。しかし、初めて会った人の第一印象が決まるまでの時間は、なんと6秒前後と言われています。つまり、ほんの一瞬が勝負といっても過言ではありません。しかも、人は第一印象でその人をかなりイメージづけしてしまうんだそう。今回は、そのたった6秒でどれだけいい印象を与えられるか、また、なにがいい第一印象を決定づけるのかについてお教えし、この記事を読んだみなさんがすべからく第一印象をグレードアップさせられるようお手伝いしたいと思います!

▼こちらの記事もチェック!
自己分析で気づいた、自覚していなかった自分の性格6選「意外と負けず嫌い」

■第一印象は「見た目」から

初めて会ったときは、視覚からの情報が最優先されます。つまり、見た目が大事ということです。そして、見た目でいちばん大切なのが「清潔感」。身だしなみをきちんとすることが重要なのです。大事な面接の前は、髪はきちんとセットされているか? 靴は汚れていないか? 服にシワや汚れは付いていないか? など、身だしなみチェックをしてから臨むようにしましょう。

■笑顔が大事!

身だしなみをチェックしたあとは、表情にも気を配りましょう。第一印象は表情によって大きく左右されます。最初に笑顔で接すると相手はこちらに友好的なイメージを抱きますが、無表情だったりムスッとした表情で接してしまうと、相手はこちらに対してマイナスイメージを抱いてしまうのです。最初に笑顔で接することにより、その後のコミュニケーションがスムーズになりやすいので、笑顔は忘れないようにしましょう。笑顔が苦手という人は、口角を少し上げるだけでもずいぶん柔らかく友好的な印象になりますので、それだけでもやってみてくださいね。

■ゆっくりはっきりあしさつする

身だしなみに気を遣い、笑顔で「初めまして」や「こんにちは」などの挨拶をすることで、第一印象は完璧によくなります。相手の目を見て、ゆっくりはっきり挨拶をしましょう。ゆっくり話すと、相手から「礼儀正しい人だな」という印象を持たれますし、はっきりと話すことで「社交性がある人だ」と思われるのです。

次のページこんなコツも! 第1印象をグレードアップする方法

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ