必見! 使えるGmail活用術

必見! 使えるGmail活用術

2015/02/11

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

必見! 使えるGmail活用術

就活に際し、容量が大きく、PCやスマホを使ってどこにいても受信できる、Google提供のフリーメールサービス「Gmail」を利用する人も多いのではないでしょうか。すでにプライベートでGmailを利用している人は、メールが混在しないよう、就活用の新規メールアドレスを取得するのが望ましいでしょう。でも、いざメールを読もうとしたら、新しいアカウントのIDを失念なんてことも……。

そこで、1つのアカウントで複数のメールアドレスを利用できる裏技をご紹介します。

就活用のメールアドレスを決める

たとえば、すでに持っているアドレスがmynavi@gmail.com だったとします。

その場合、アカウント名の後ろに半角の「+」と新しい文字列をつけたメールを2つ目のアドレスとすることが可能です。

例)mynavi+hanako@gmail.com


就活用に設定したメールアドレスを登録する

画面右上のギアから「設定」を選択し、「アカウントとインポート」のタブを選択します。次に画面中央の「メールアドレスを追加」をクリックすると、「名前」と「メールアドレス」を入力する画面が現れるので、以下の要領で入力します。

①名前:相手に表示される名前になるので、フルネームを設定。

②メールアドレス:追加するアドレス(上記例の場合、mynavi+hanako@gmail.com)を入力。

③「次のステップへ」をクリック。

これで、先ほどの「アカウントとパスポート」の画面の「名前」の欄に新しいメールアドレスが追加されます。

この時、このアドレス表示の下にある「デフォルトの返信モードを選択」のチェックを「メールを受信したアドレスから返信する」に入れなおすことをお忘れなく。

そうしないと、常にプライベートメールからメールが送信されることになるので要注意です。


新しく設定したアドレスからメールを送る

これで準備は完了。あとは、通常通りにメール作成を行います。この時、送信元アドレスの「From」を押すと、今までのアドレスに、追加したアドレスが加わっているので、プライベート用と、就活用アドレスを必要に応じて選択して送信が可能となります。


メールツールを自在に使いこなすことで、時間を短縮し、スマート就活を実現しましょう。

文・imago

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ