就活あるある! グループワークで遭遇する困った人の特徴4選「自分の意見を曲げない

就活あるある! グループワークで遭遇する困った人の特徴4選「自分の意見を曲げない

2016/04/30

就活hack

グループワークのとき、自分の意見ばかりを主張する人がいて意見がなかなかまとまらなかった経験はありませんか? 全員でひとつの答えを出さなければいけないからこそ、一人でも輪を乱す人がいると困りますよね。そこで今回は、就活経験者のみなさんに実際にグループワークで遭遇した困った人について聞いてみました。


■自分の意見を通そうとする
・自分を絶対に曲げない、少しの協調性も見られなかった(男性/23歳/医療・福祉)
・周りの意見に同調を示さず、自分の意見を通そうと熱くなりすぎて議論が進まなかった(男性/26歳/その他)
・その人が全く折れないので話が前に進まない(女性/29歳/その他)

全員で意見を出し合ってまとめていかないといけないのに、自分さえよければいいと思っている人がいるとグループの和が乱れますよね。グループワークは面接とは違い、協調性も大事です。

■議論に参加しない
・態度も悪くてこちらが問いかけても反応せずに、その場の空気を悪くするだけだった(女性/26歳/商社・卸)
・「特にありません」しか言わない(男性/26歳/自動車関連)
・意欲が感じられなかった(男性/25歳/情報・IT)

何も発言しない人もグループワークではやっかいな存在です。せっかく意見はないか聞いてあげても「特にない」と言われてしまうと意味もがいですよね。

■人の話を聞かない
・自分の意見しか言わずグループワークの答えに到達しないから(男性/25歳/食品・飲料)
・自分の意見を言うだけで話が深くならなかった(女性/24歳/情報・IT)
・他の人がしゃべれなかった(男性/25歳/運輸・倉庫)

相手の意見を聞くこともグループワークでは大事な要素のひとつ。意見ばかりするのではなく、人の話を聞く力も見られていることに気付いてほしいものです。

■否定ばかりする
・他人の意見をひたすら否定していた(男性/25歳/小売店)
・話が全然まとまらなかった(女性/27歳/学校・教育関連)
・人の意見を全部否定すればえらいと思っていた(女性/26歳/その他)

せっかく出した意見も否定されてしまうと「言わなければ良かったかな……」と不安になりますよね。ずっと反論ばかりしている人がいると、新しい意見も出なくなってグループの雰囲気も険悪に。

いかがでしたか? 面接では自己アピールをして、いかに自分の良さをわかってもらうかが大事なポイントですが、グループワークは協調性や聞く力も見られています。自分がグループワークで迷惑をかける人にならないように気をつけましょうね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2015年4月
調査人数:社会人1~3年目の男女405人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ