【第6回】面接や会社説明会を回るときの心強い味方「NAVITIME」を使いこなそう!

【第6回】面接や会社説明会を回るときの心強い味方「NAVITIME」を使いこなそう!

2014/12/05

就活hack

関連キーワード:

「NAVITIME」をもっと便利に使ってみよう

就活はいろいろな意味で「時間との戦い」。多くの企業にエントリーすれば、1日2~3件、会社説明会や面接が入ることも珍しくなくない。「1社目が終わったら、すぐ次に向かわないと遅刻しちゃう......」。こんなケースも増えてくるだろう。


このような短時間の移動にあたって便利なのが、ナビサービス。目的地までの所要時間や乗り換え情報がパッと出てくるので、利用している人も多いだろう。ただ、就活を効率的に進めるためには、より情報量や使い勝手の良さを追求したいところ。

そこで今回は、レーサーのような格好をした外人が道や乗換案内をするCMでおなじみの「NAVITIME」をご紹介。便利な機能が月額315円と有料なので、利用をためらっている人が多いかもしれないが、就活生にとっては金額に見合った価値がある。以下のような機能を、一度試してみてはどうだろうか。

●ドア to ドアの時間が分かる
「NAVITIME」は、出発地と目的地の住所を入力することで、駅から目的地などの徒歩の時間も加えた、まさに"ドアto ドア"の所要時間を表示。しかも歩く速度を設定して検索できるので、ゆっくり目にしておけば、余裕をもった時間がはっきりと分かる。

●音声による徒歩ルート案内
さらに、GPS機能が付いたケータイであれば、音声による徒歩ルート案内を受けることも可能だ。絶対に遅刻できない状況で見知らぬ土地へ行くのだから、特に地方から東京に来ている学生などにとっては、このくらいきめの細かいフォローがあると心強いだろう。

【第6回】面接や会社説明会を回るときの心強い味方「NAVITIME」を使いこなそう!

徒歩、電車の所要時間に加え、電車の「何両目」という案内まである。

次のページ交通機関のストップなど、まさかのアクシデントも想定しよう!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ