会社説明会の案内への返信方法・マナーと例文まとめ

会社説明会の案内への返信方法・マナーと例文まとめ

2015/12/02

就活hack

ライフ就活34

就活を進めていると、メールで会社説明会の案内がやってくる事があります。どうやって返信すれば良いのか分からない人も多いと思いますが、最低限のマナーを持って返せるようにしておきましょう。
【説明会に参加するのであれば返信メールはマナー】
自分が参加する予定であれば会社説明会の案内への返信は最低限のマナーです。何も返信していないのに参加するなど言語道断です。その際気を付けるべき点として、24時間以内に変身する事、件名に必ず記載する事。そして誤字脱字がないかです。これらは最低限心がけるようにしましょう。
どれが一番大切かではなく、どれもとても大切ですので守らなければならない事です。

【例文をチェック】
件名 面接日程のご連絡のお礼 〇〇大学〇〇(氏名)
〇〇大学〇〇学部の丸々と申します。
先日は会社説明会の日程のご連絡をいただき、誠にありがとうございます。
必要書類を持参し、(日時や会場名)へお伺いさせていただきますので当日は何卒よろしくお願いいたします。
〇〇(氏名)

【丁寧な返信を心がけましょう】
返信メールで求められているのは「参加する」事です。そのため、長々としたメールは控えましょう。メールを読む側は出席者の確認をしたいのです。あまりにも長いメールはかえって失礼になってしまいます。

■時間にも気を配りましょう
メールはいつでも出せるのがメリットです。友人同士のメールであれば時間など気にする必要なく、出したい時に出せば良いのですが、就活ではどのようなメールであっても深夜や早朝は控えるようにしましょう。
早く返信したいと言っても、夜中に出すのは非常識です。社会人としての基本的なマナーも問われていますので、メールを送信する場合には勤務時間内に送信しましょう。ビジネスマンは出勤時、そして休憩の後には必ずメールチェックしますから、それも考慮しておくと良いでしょう。

説明会程度であればわざわざ返信メールなど出す必要はないと思っている人もいるかもしれませんが、就活で問われているのは社会人になった時の能力だけではありません。明らかに非常識な事を行うような学生は、企業側も「雇いたい」とは思いません。ちょっとしたことですが、マナーやモラルを守った行動を心がけましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ