就活で気をつけたい女性の髪型・髪色のマナー4選

就活で気をつけたい女性の髪型・髪色のマナー4選

2015/12/08

就活hack

ライフ就活1

就活の際、身なりをきちんと清潔に整えることはとても大切です。女性の場合アルバイト程度であれば染髪が許されていますが、就活の際はどうなのでしょうか? 今回は、就活の際に気を付けるべき点をピックアップしていきます。
【基本的なマナー】
就活は外見も判断材料になります。会社の面接にどのような格好で来るのかは、常識を持ち合わせているのかどうかを問う意味で判断基準になるのも当たり前なのですが、いくつか気を付けるべき点があります。

■前髪は短めにする
前髪が長いのはお洒落ではありますが、就職活動には適していません。前髪は短めにするか、長いのであれば垂らすのではなく、横に流すなど配慮が必要になってきます。

■耳には被せない
耳を出す事によって清潔感を演出する事が出来ますので、耳は出すようにすべきです。ボブ程度であっても上手く耳を出すヘアスタイルを心がけましょう。

■髪が崩れないようにする
日常生活の中では意識する必要がないのですが、就活の際には頻繁にお辞儀をする事になります。その際、髪型が崩れないようしっかりとまとめておきましょう。
お辞儀の度に髪が揺れるようではマナーのなっていない学生と思われてしまっても仕方ありません。気を付けましょう。

■色は黒にする
アルバイト程度であれば茶髪であっても受け入れられる時代ではありますが就職活動は話が別です。例えばハーフの人であれば仕方ない部分もあるのですが、日本人であれば黒にしておきましょう。
ハーフの人ではあっても明るすぎる色であれば暗めにしておくべきです。また、名前がカタカナですぐにハーフだと気づいてもらえるのであれば良いのですが、そうではない時は黒にするのも無難です。

【一つに束ねるメリット】

お勧めの髪型もあります。それは一つに束ねる事です。一つに束ねる事で先に出した事をいろいろと満たす事が出来ます。耳も出す事になりますし、まとめますので髪が崩れません。清潔感を演出する事が出来ますので、髪はまとめておくのが良いでしょう。特に髪を束ねる事は決して難しい事ではありません。誰もが簡単に出来るスタイルですし、悪印象を与える事はありません。

このように、就職活動でも髪型はとても大切です。女性であれば軽い茶髪程度であれば大丈夫だろうと思っている人もいるかもしれませんが、それは甘い考えです。
これから社会人になる上で自分を判断してもらうのですし、そもそも雇ってもらうのですから茶髪や染髪は控えるべきです。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ