選考前にこれだけはおさらい! 就活の面接で絶対に聞かれる質問とその対策5つ

選考前にこれだけはおさらい! 就活の面接で絶対に聞かれる質問とその対策5つ

2015/11/16

就活hack

関連キーワード:

選考前にこれだけはおさらい! 就活の面接で絶対に聞かれる質問とその対策5つ

「内定辞退者を減らす」「イメージと違ったという理由で、入社3年未満で辞めてしまう社員を減らす」この二つの達成を目標に、共通的に行われる質問があります。
1.絶対聞かれる質問とは、会社として質問しなくてはならないこと

自己PRと志望動機は絶対に聞かれる質問ですが、ここでは、もっと細かいレベルでアドバイスします。質問された瞬間に、思わず正直に答えるべきかと迷う質問もありますので参考にして下さい。

2.どちらの会社を受験されていますか?

この質問に対し、以下の迷いをもつ方がいます。

・志望の強さをアピールするために、「御社しか受験していません」と回答するべき?

企業は視野を広くもち、客観的に判断する能力をもった人材を求めています。複数の会社名を回答しましょう。

・「うちは第一志望ではない」と誤解されないように、同業以外の会社名を並べるのが無難?

企業は仕事でやりたいことが明確な人材を求めています。他業界の会社名が並ぶと、やりたいことが見つかっていないと判断されますので、同業他社の会社名を回答しましょう。

3.当社は第一志望ですか?

・最終面接以前

第一志望であれば、素直に第一志望であると回答しましょう。そうでない場合は、「第一志望群の一社であり、絞り込みを進めている」ことを回答しましょう。

・最終面接

「第一志望であり、御社で働きたい」との回答が望まれています。

4.当社を選ぶ理由は?

受験している同業他社と比較した回答を準備しましょう。「理念ではA社により共感できるが、中長期の事業ビジョンではB社に魅力を感じる」等、各社の選択ポイントを明確にしておくと良いでしょう。

5.入社して何がしたいの?

具体的に回答するために、会社組織図等を参考にして配属を希望する「部署やプロジェクト、特に担当したい製品」等を明確にしておきましょう。

6.希望する仕事であなたが発揮できるものは?

仕事につながるゼミや研究室に所属いている、もしくは、仕事に活かせるアルバイト経験や資格をおもちの場合は回答しやすいのですが、そうでない場合は、「長所の積極性です」等、他の応募者と横並びの回答になりがちです。

例えば「営業では顧客への積極的なアプローチが必要ですので、長所の積極性を発揮して頑張ります。また、私は積極性以上に、継続的にフォローする姿勢が大切と考えています。なぜなら、信頼関係はフォローで築かれると考えるからです。私は、サークルで多くの後輩のサポートをしてきました。そして、後輩から慕われていると自負しています。この経験を活かすことができると考えています」と、希望する仕事で求められる能力や姿勢と対応させながら回答しましょう。

志望動機系の質問を中心に取り上げた理由は、自己PR系以上に重要だからです。例年、自己PR対策に時間を割き、志望動機が手薄になる就活生が多いのが実状ですので、どちらにもバランスよく取り組みましょう。

文◯岡 茂信 (おかしげのぶ)

現在東証1部の情報システム開発企業での採用選考経験を元にジョブ・アナリストとして独立。大学及び就職イベントでの講演、有名企業に対し採用アドバイスを実施。著書に「就職活動がまるごと分かる本」「エントリーシート完全突破塾」「適職へ導く自己分析」がある。また、「岡茂信の就活の根っこ」(http://ameblo.jp/okashigenobu/)で就活の土台となる旬な情報を発信している。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ