内定先を調べたら「ブラック企業」と判明! 入社承諾書提出後の内定辞退はどうしたらいい?

内定先を調べたら「ブラック企業」と判明! 入社承諾書提出後の内定辞退はどうしたらいい?

2015/04/01

就活hack

お役立ち情報

関連キーワード:

就活生の皆さんから寄せられた疑問・質問を解消するため、Q&A方式でさまざまな就活の悩みにお答えします。今回は、「入社承諾書を提出した後にブラック企業であると知り、内定を辞退したい」という悩みです。


<就活生からの質問>
志望度が高かった企業から内定を得ることができました。すでに入社承諾書も提出しています。 しかし、後に内定企業を調べたところ、「ブラック企業」であることを知りました。内定を辞退したいと考えています。入社承諾書を提出した後の内定辞退は、企業にも、そして後輩にも迷惑をおかけしてしまいます。そう考えると身動きがとれません。 正直に、就職課や企業に相談するべきでしょうか?


<就活の真実 事務局からの回答>


企業に何を求めるのか、何がしたいのか、もう一度冷静に考えてみましょう


まずは、内定おめでとうございます。
入社承諾書を提出した後の内定辞退は、決して良いことではありません。しかし、質問者様の人生なのですから、ご自分の将来を優先して行動してください。後悔する人生だけは避けましょう。内定辞退については、就職課や企業に相談することで良いと思います。

ただしその前に、もう一度、考えや気持ちの整理をオススメします。


内定企業を調べた結果、「ブラック企業」だったとのことですが、何を持ってブラック企業と判断されましたか。会社説明会や面接で受けた説明と異なる、労働法を逸脱した就労時間や就労環境だったのでしょうか? あまり他人の意見やネット上の噂を鵜のみにしすぎるのは危険です。


質問の内容から、志望度の高い企業であったようですし、やりたい仕事ができるイメージをこの企業にお持ちなのだということも伝わってきました。曖昧な情報に心を乱して、苦労の末に得た内定をご破算にしてしまっては、元も子もありません。 情報の真偽や正しい実態を確認した後で、決断をしても遅くないはずです。この内定企業の実態についてこそ、就職課に相談されてはいかがでしょうか。同時にご家族に相談したり、ご自身であらためて調べ直したり、もう一度冷静になって考え判断してください。


コンテンツ提供●プライマル株式会社「就活の真実2016」
「就活の真実2016」
「就活の真実」は、プライマル株式会社が提供する、1,300記事以上のノウハウを収録したスマホアプリ。就活生の実体験や、企業の人事担当者の本音などの内容が人気を博している。iOS版はApp Storeから、Android版はGoogle Playから、それぞれ無料で入手可能。


おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ