【極意】「字は丁寧に」「最初に結論を」内定者に聞いたES作成で一番大切なこと

【極意】「字は丁寧に」「最初に結論を」内定者に聞いたES作成で一番大切なこと

2015/03/30

ES基礎講座

ニュース&コラム

関連キーワード:

【極意】「字は丁寧に」「最初に結論を」内定者に聞いたES作成で一番大切なこと企業への「初めまして」の挨拶であるエントリーシート(以下ES)は、就活の第一関門。書き方の決まり事やマナーもあるけれど、とにかく一番大事なポイントって何なのでしょうか? そこで、何枚ものESを書いてきた内定学生のみなさんに、その極意を聞いてみました。

Q.ESで一番重要だと思うポイントは何ですか?

●第1位 とにかく字をきれいに、丁寧に書く

・字のきれいさ、丁寧さ。最初の関門はまず「読む気になるか、ならないか」ということは忘れてはいけない。(男性/学校・教育関連内定)

・きれいに書くと言うよりも丁寧に書く。まだ会っていない段階では面接官はその字を見て相手へのイメージを抱くと思うので。(女性/団体・公益法人・官公庁内定)

・丁寧に書くこと。誤字・脱字があるとそこで落とされたり、汚い字だと読んですらもらえないこともある。(男性/食品・飲料内定)

●第2位 相手に伝わるよう論理的に書く

・論理的に書き、相手に分かりやすく伝えることが大事。具体例を入れると熱意が伝わりやすい。(男性/小売店内定)

・論理的に文章を書くこと。相手に伝わることが一番大切。(男性/商社・卸内定)

・論理的かつ、独自の視点を入れる。そして、普通になりすぎないように。(男性/学校・教育関連内定)

●第3位 だらだら書かず要点を押さえる

・最初に結論を書くこと。人事は数えきれないほどのESに目を通さなければならないため。(女性/不動産内定)

・つかみが必要。ポイントになる。(女性/情報・IT内定)

・一番伝えたいことを強調すること。(男性/23歳/団体・公益法人・官公庁内定)

次のページその他、ESで効く!成功の極意とは

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ