相手の話が聞き取りにくい場合の聞き直し方とは!?

相手の話が聞き取りにくい場合の聞き直し方とは!?

2015/07/31

ニュース&コラム

関連キーワード:

プライベートでは相手が話している内容を聞き直す際「えっ?」と言うだけで意志の疎通が図れる場合もありますが、ビジネスでは通用しません。
特に電話では、相手の言葉が聞き取りにくいことがあります。そんなときに、「えっ?」「はぁ?」「あの......」はふさわしくない表現です。
就活中、企業担当者やOB・OGの方と話す場合や、初対面での挨拶で緊張のあまり相手の名前がうまく聞き取れない、ということも起こり得ます。そんな時の適切な訊ね方について、マナー講師の小藤弓先生に教えてもらいました。

話の内容が聞きとれなかった場合
◆ 恐れ入りますが、今一度お聞かせ願えますか
◆ 申し訳ございませんが、もう一度お話いただけますか
◆ 失礼ですが、只今の話を再度教えていただけますか

名前が聞きとれなかった場合には
◆ 大変失礼ながら、漢字ですとどのようにお書きしますか?

など......相手に対する配慮の言葉を付け加えると良いでしょう。

また、電話であれば、回線に問題があるようにするのも配慮の一つです。
◆ こちらの電話の調子が悪いようです。恐れ入りますが今一度ゆっくりお話しくださいますか

さらに忘れてならないのは、お礼の言葉です。再度お話くださった方に対して「ありがとうございます」と忘れずに伝えましょう。言い直してくれたことに対する感謝の気持ちをきちんと表してくださいね。

文●青

■小藤弓先生 プロフィール
マナー講師。2011年3月11日の震災をきっかけに、マナーコンサルタントの西出ひろ子に師事し、マナー講師として独立。仙台を拠点に、大学生に対する就職マナーや就職講座、企業でのビジネスマナーなど幅広く活躍中。
公式ホームページ http://www.dailymanner.jp

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ