「延々と説教」「サイレント」……。就活生が企業にムカッとした瞬間

「延々と説教」「サイレント」……。就活生が企業にムカッとした瞬間

2015/03/24

アンケート・調査

関連キーワード:

就活中は多くの企業の担当者と会うことになります。「圧迫面接」などというワードが聞かれるように、面接官の対応に関して不快な思いをする就活生もいるというウワサですが、実際はどうなのでしょう……。就活を乗り越え、内定を得た学生たちに聞いてみました。

Q.説明会や面接で接する中で、ムカッとしてしまうような対応をされたことはありますか?


・資料を忘れすぎて何も話せなくなっていた人事担当がいた。あきれた……(男性/団体・公益法人・官公庁内定)

・こちらの話を全く聞いていない人。何のための面接なのかと思った(女性/情報IT内定)

・内々定をお断りしたら急に変な対応になった(男性/食品・飲料内定)

・説明会での発言が、ひどく高圧的だった(男性/学校・教育関連内定)

・「結果は全員に通知する」と言っていたが案内すら来なかった(女性/金属・鉄鋼・化学内定)

・説教を始める面接官には引いた(男性/小売店内定)

・限られた時間の中でひたすら自社の自慢と中身のない会話を聞かされ、やっと面接らしい質問が来たと思ったら何を言っても全否定(男性/商社・卸内定)

・とにかくダメ出しばかりしてくる。そのときは、「もっと良い企業に就職してやるから覚悟しとけよ!! 俺を雇わなかったことを後悔しろよ!!」と思った(男性/情報IT内定)

・一切人の目を見ない面接官……(男性/機械・精密機器内定)

・明らかに落とすための面接をしていると感じたとき(女性/情報IT内定)

・基本的に、練りに練って作成したエントリーシートがはねられた時はすべて「ここの商品は絶対に使わない!」と思っていた(男性/機械・精密機器内定)

・面接時、質問をしておきながら、全く話を聞いているそぶりがなかったところ(男性/音楽業界内定)

・面接の結果を連絡してこない。こっちにとっては重大な結果なのに!社会人としてありえないと思う。常識知らずだと思う!(女性/マスコミ・広告内定)



説明会や面接は、企業と就活生のコミュニケーションの場のはず。事情があったとしても、きちんと社会活動を行っているはずの企業が、学生相手だからといって無礼な態度をとっていいはずがありません。人間対人間として、お互いに思いやりのあるコミュニケーションをしたいですね。


文●就活スタイル編集部
調査期間:2015年3月
アンケート:就活スタイル調べ
集計対象件数:内定者学生男女111人(インターネットログイン式アンケート)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ