【内定者インタビュー】地方テレビ局内定 高岡さん(早稲田大学)

【内定者インタビュー】地方テレビ局内定 高岡さん(早稲田大学)

2014/12/02

トピックス

早稲田大学 文学部
高岡さん

ローカル視聴率1位を獲る!

学生時代は準硬式野球部に所属。厳しい練習と就活とをうまく両立し、見事競争の激しいテレビ局への内定を勝ちとった。

就活が終わった時間がある今は「昔のドラマを観返すのが楽しい」と根っからのテレビ好きの高岡さん。テレビ業界を目指したきっかけについて聞くと、高岡さんとテレビとの不思議な縁を感じずにはいられない。

「実は自分、一度は大学を中退しているんです。再び大学を目指そうと思ったきっかけは、とあるバラエティ番組。今の大学が紹介されているのを見て、その魅力に惹かれ、受験を決めました。その後1年浪人したのですが、その時に自分を励ましてくれたのはドラマ『ドラゴン桜』。テレビから受けた影響が、自分の人生を変えていったんです」

仕事での目標は「ローカル視聴率1位を獲ること」。いつか高岡さんが制作した番組が、誰かの人生を変える日がくるかもしれない。


就活データ

就活をした期間は?

大学3年の12月~大学4年の8月まで

エントリー社数は?

87社

エントリーシート提出社数は?

45社

面接社数は?

25社

内定社数は?

3社

就活の自己採点は?

60点
初期の面接の際に、自分の力を出せずに落ちてしまったため。しかしその後、何か悪かったのかを検証し、人が聞きたいと思うような話し方や自分の言葉で語るなどポイントを見つけ良くしていきました。が、やはり最初の失敗の分がマイナスです。

就活スーツ購入時期は?

大学3年の11月

就活ファッションで気を使っていたことは?

印象を考えて、髪型には気をつけました。

証明写真の撮影時期は?

大学3年生の2月、大学4年生の4月

証明写真で気をつけたことは?

やはり髪型です。

就活中の1日の平均出費は?

¥1,000
食事、コピー代。

就活中の必携アイテムは?

アイテムではありませんが、友人・先輩などとにかく周りの人が大事でした。

就活中のスランプエピソードを教えてください。

エントリーシートがなかなか通らず悩みましたが、友人や社会人の知り合いに添削をしてもらうことで通るようになりました。また、本当に落ち込んで立ち行かなくなったときは、就活のことは一時忘れて遊ぶなどして切り替えました。

面接の必勝テクや、反応がよかったエピソードを教えてください。

意外なネタなのですが、「六本木などでの遊び方」と「部活での話」の2つが良かったです。極端に違う話ですが自分の様々な面を見せることができたと思います。

これから就活を始める後輩に向けてメッセージをお願いします

実際に企業の人がどのように働いているのか、リアルに知ることが重要! OB訪問は20人を目標にするくらいがいいです。また、行きたいと思った会社は最低でも3人は会いましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ