夜が嫌い。 暗い雰囲気に飲まれていろいろなことを考えてしまう。小さいことから大きいことまで。悪夢を見ないか、昔起こした失敗を…|エッセイ企画「#Z世代の目線から」キーワード:夜

編集部:ベッシー

お気に入り!

あとで読む

エッセイキーワード:夜
エッセイタイトル:『茹でガエル』/著者:チューリップ さん

641文字/2分かからないくらいで読み終わります。

夜が嫌い。
暗い雰囲気に飲まれていろいろなことを考えてしまう。小さいことから大きいことまで。悪夢を見ないか、昔起こした失敗を掘り返されないか…。自分が寝ているときに自分の知らないところで時間が進むことに抵抗を感じる。


暖かく安心しているときや暑すぎて汗が噴き出す日ほど夜は短く、寒くなり人肌恋しい季節になればなるほど夜が長くなっていく。


夜と朝は繋がっている。
「蛙はいきなり熱湯に入れられると危険を察知し飛び跳ねるけれど、ぬるま湯から段々温かくしていくと熱くなったことに気付かず死んでしまう」というたとえ。

夜から段々明るくなり気づかないうちに朝になり
1日が始まってしまう恐怖。


17年生きていて未だに夜に怯える情けない私は眠れず苦しむ夜に、サンダルを履いてベランダに出て、夜の怖さを癒やすように特別綺麗でもない景色を見る。
この街が大嫌いだしさっさと出て行きたい。だけどこの大嫌いな街の景色を見る。
他人から見たら嫌いな街の景色を見る私の気持ちなんてなにもわからないだろう。私が普段考えていることだって何もわかっていないのだから当然だ。わかってほしくもない。大嫌いな街の景色を見る私の気持ちは私だけがわかっていれば良い。

「夜景」という言葉は日頃から馴染みのある言葉なのに「朝景」という言葉はあまり馴染みがないように、人間は昔から夜に惹かれるものがあるのかもしれない。
例え夜が嫌いだとしても、どこまでも吸い込んでくれて終わりがないような景色「夜景」は不安も感じるけれどそれ以上に魅力的。

夜が大嫌い。


著者: チューリップ さん
学校・学年:目黒日本大学高校 2年
著者コメント:高校生ならではの複雑な気持ちを書いてみました。

エッセイに共感したらシェアしよう!

==============

あなたもエッセイを書いてみませんか?12月のキーワードは“あなたの2022”

編集部:ベッシー

編集部:ベッシー

昔ながらの大学生活でイメージされるような大学生活を謳歌し、就職活動はちゃんとやらず、社会人のスタートではつまづき、いろんな会社を転職しながらキャリアビルド。学生や若い人のチャレンジを応援したい、頑張れる場を提供したいという想いを持って編集部で活動中。伝えたいメッセージは「自分で考え、自分で動き、人にはどんどん頼りましょう」

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催