はじめての『東京スカイツリー®おどおど』を解決 (チケット購入編) #あつまれ!_おどおど学生。

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

Photo「©TOKYO-SKYTREE」「©TOKYO-SKYTREETOWN」

【診断】『恋愛おどおど』さん必見! あなたの恋愛力をチェック

2012年に開業した東京スカイツリーは、今年2022年で10周年。新たな東京のランドマークとしての地位を確実に高めており、多くの観光客でにぎわっています。東京スカイツリーからの眺望は素晴らしいものなので、ぜひ皆さんも展望フロアに上がってみてください。

 本シリーズ記事では東京スカイツリーを実際に訪れてもおどおどしないで済むポイントについてご紹介しています。今回は「チケット購入編」をお送りします。

▼こちらの記事もおすすめ!
1.『ラーメン二郎おどおど』を解決 #店選びと食券購入編
2.『ソロキャンプおどおど』を解決 #道具編
3.『青春18きっぷおどおど』を解決 #購入編

東京スカイツリー®の構造は?

PhotoⒸTOKYO-SKYTREE


おどおど解決ポイント
1.東京スカイツリー®の構造をざっくり掴もう
2.チケットの購入は前売り券がオトク
3.休日は平日より高い。平日が狙いめ!

東京スカイツリー®は、足元にある地下1F~5Fの建物、地上350メートルにある天望デッキ、地上450メートルにある天望回廊の3つのブロックに分かれています。

天望デッキはフロア340・345・350がある3F建て、天望回廊はフロア445・450の2F建てです。
足元4Fは「入口フロア」になっており、ここに地上350メートルにある「天望デッキ フロア350」への直通エレベーターがあります。「天望デッキ フロア350」には、さらに上空の「天望回廊 フロア445」への直通エレベーターがあります。

つまり、最上部の天望回廊に行くには「4F:入口フロア」 ⇒ 「天望デッキ フロア350」 ⇒ 「天望回廊 フロア445」という順で巡ります。

天望回廊の順路は「フロア445」から「フロア450」に上がるようになっています。

帰りは、まず最上部の「フロア450」から天望デッキの「フロア345」へ直通エレベーターで下ります。次に天望デッキの「フロア340」に行き、直通エレベーターで足元の5Fまで下ります。この5Fが「出口フロア」です。

つまり、天望回廊から地上へ戻るときには、「天望回廊 フロア450」 ⇒ 「天望デッキ フロア345」 ⇒ 「天望デッキ フロア340」 ⇒ 「5F:出口フロア」という順になります。

チケットの購入は前売り券がお得!

天望デッキ、またその上の天望回廊に上がるためにはチケットを購入しなければなりません。

「天望デッキ券」は天望デッキのみに上がれるチケット、「セット券」は、天望デッキと天望回廊の両方に上がれるチケットです。当日券は4Fチケットカウンターで販売されています。

当日券

「天望デッキ券」
大人(18歳以上):2,100円(平日)/2,300円(休日)
中人(中学生・高校生):1,550円(平日)/1,650円(休日)
小人(小学生):950円(平日)/1,000円(休日)
5歳以下:無料

「セット券」
大人(18歳以上):3,100円(平日)/3,400円(休日)
中人(中学生・高校生):2,350円(平日)/2,550円(休日)
小人(小学生):1,450円(平日)/1,550円(休日)
5歳以下:無料

前売り券(Web購入)

「天望デッキ券」
大人(18歳以上):1,800円(平日)/2,000円(休日)
中人(中学生・高校生):1,400円(平日)/1,500円(休日)
小人(小学生):850円(平日)/900円(休日)
5歳以下:無料

「セット券
大人(18歳以上):2,700円(平日)/3,000円(休日)
中人(中学生・高校生):2,150円(平日)/2,350円(休日)
小人(小学生):1,300円(平日)/1,400円(休日)
5歳以下:無料
※前売り券は来場の7日前から前日まで購入可能です。

上掲のとおり、休日には平日よりチケット代は高くなります。また、当日券よりも日時を指定しての前売り券(Web購入)の方が安くなります。ですから、大学生読者の皆さんなら、比較的時間が自由になるでしょうから、できるだけ平日に訪問し、前売り券を購入するのがいいでしょう。

 ※Web購入には以下のURLからアクセスしてください。
https://www.tokyo-skytree.jp/ticket/individual/

解決!! 東京スカイツリー®おどおど(チケット購入編)

東京スカイツリーからの眺望は東京一円を見下ろせる素晴らしいものですが、今回ご紹介した料金がかかります。できるだけ安価に済ませたいのなら、「平日に訪問し、前売り券を購入する」のがお薦めです。次回は「東京スカイツリーの楽しみ方」についてご紹介します。


文:吉田ハンチング@dcp
編集:マイナビ学生の窓口編集部
取材協力:東武タワースカイツリー株式会社
https://www.tokyo-skytree.jp/


関連記事

『東京スカイツリー®おどおど(1)』#アクセス編

『東京スカイツリー®おどおど(3』#楽しみ方編

『はじめての東京スカイツリー®おどおど(4)』#グルメ編

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催