「食品メーカーの可能性は無限大です」。若手社員が描く、サプリメントのマーケティング戦略【アサヒグループ食品】

編集部:ゆう

お気に入り!

あとで読む

プロフィール:福田美鈴:2020年新卒入社

所属部署:アサヒグループ食品株式会社 コンシューマ事業本部 アサヒカルピス通販部
業務内容:通信販売専用のサプリメントなどの商品開発、マーケティング

「将来の“なりたい自分”がまだわからない」ーーそんな悩みを抱えるみなさんに、いろんな企業で活躍する先輩たちの姿を通してロールモデルを見つけてもらう企画「#お仕事図鑑」。

今回は、アサヒグループ食品(株) で働く先輩社会人にインタビュー。

コンシューマ事業本部で、公式通販サイトで販売するサプリメントや、基礎化粧品シリーズの商品開発、マーケティング戦略を担当する福田美鈴さんに、日々の仕事内容や学生時代に取り組んだことについてお話を伺いました!

学生時代編多忙な学生時代に磨いたスケジューリングのスキル

――福田さんはどんな学生時代を過ごしていたのでしょう?

学生時代は応用生物化学専攻で、動物の細胞について研究していました。もともと化学は、自分で組み立てて考える作業がすごく好きだったんです。その中でも、昔から生き物に興味があったこともあって、生物化学を専攻しました。

――学生時代に一番頑張ったことは何ですか?

やりたいことは何でもやりたい性格なので、研究もサークルもアルバイトも、すべて両立できるよう頑張っていました。ちなみに、サークルはテニス、アルバイトはバーテンダーのような仕事をしていました。

※右が福田さん

――仕事で役立っている学生時代の経験を教えてください。

研究やサークル、アルバイトを両立するためには、細かなスケジュール管理をしなければなりません。なので、手帳も1日刻みで1時間ずつ管理できるものを使っていて、学業からプライベートまで全部やりたいことをタスク化してこなしていったんです。学生時代に培ったスケジューリングの力は、今も仕事で役立っています。

――何か就活前にやっておいたほうがいいことはありますか?

私が就活で一番大事だと思ったのは、自己分析です。学生の皆さんには、「自分がどんな仕事をしたいのか」「なぜその仕事をしたいと思っているのか」を考え抜いたうえで就活に臨んでほしいと思います。よく「なぜ」を5回繰り返して考えなさいと言われますが、これは真に受けたほうがいいと思います。

――今の会社を選んだ理由を教えてください。

アサヒグループ食品の「1本満足バー」を受験生の頃から食べていたのですが、美味しいだけでなく、栄養成分まで担保されていて大好きだったんです。メーカーに対しても、「いい商品を出している会社だな」って思いました。

また、就活中は「商品開発のマーケティングがしたい」と自分のやりたいことを一貫して伝えてきたのですが、アサヒグループ食品では面接官の方々がとても親身に話を聞いてくれたのが印象的でした。自分の思いを伝えやすい、自分らしく働けそうな会社だなって感じたんです。

社会人編健康意識が高まっている今、食品メーカーの可能性は無限大

――今の仕事内容を教えていただけますか?

通信販売専用のサプリメント(健康食品)などを扱っている部署で商品開発チームに属していて、新商品の開発、既存商品のリニューアルなどを担当しています。

業務の流れとしては、商品のコンセプトを決めるところから始めて、世の中の動向などの外部分析をしたり、自社状況について内部分析をしたりしたうえで、新商品をどんな中身にするか、どういうお客様に食べていただきたいかを固めていきます。

その後は作成した開発スケジュールに沿って社内では中身の設計については研究開発部、製造ラインや発注数などについては生産物流部など関連部署、社外ではデザイン会社へパッケージデザインを依頼したり資材メーカーへ包装仕様の相談をしたりと社内外の各担当者と連携して、商品の設計から生産してお客様へお届けするまでの流れを決定します。社内でも商品化するまでの審査があるので、経営陣へのプレゼンなども行っていますね。

まとめると、商品が生まれてから発売されるまでの過程を一貫して管理しているチームになります。

――福田さんのお仕事ならではの特徴は何でしょう?

通販ならではのお客様との近さです。コールセンターに届くお客様の生のお声や、ハガキで届くご意見など商品やキャンペーンに対するお客様の反応を身近で感じることができるのがこの部署の大きな特徴であり、強みだと思っています。

――実はあまり知られていない仕事の「秘密」はありますか?

これはとても最近の話なのですが、私たち社員がお客様へ直接お電話し、生の声を聞こうという取り組みを始めました。

もともとコールセンターを通してお客様の声に触れていますが、直接お電話することで私たちもお客様のお気持ちや考えを汲み取りやすく、商品開発にも生かせるのではと思っています。また、社員が直接お話をお伺いすることがお客様のモチベーションにも繋がるんじゃないかと期待しています。

――今の仕事のやりがいをどこに感じていますか?

私たちの商品は約9割がサプリメントで、お客様も中高年の方が多いのですが、今後は一般食品や健康食品など、もっと幅広い世代へ向けた商品を開発したいと思っています。近年は健康意識が高まっているので、可能性は無限大ですし、とても挑戦しがいのある仕事だと思っています。

――仕事の面白いと思う点や魅力についても教えてください。

やはり自分のアイデアが形になっていく過程にすごくワクワクします。お客様が求めている商品を自らの手で作り出すというのはなかなかできない経験ですから、とてもやりがいを感じますし、魅力的だと思っています。

――今の仕事に求められるスキルは何ですか?

一番大切なのはスケジュール管理能力だと思います。実務となると、いろんなプロジェクトを並行して進めなければなりませんが、漏れがあると自分だけでなく周りの方にも迷惑をかけてしまいます。正直、社会人になるまではここまで複雑なスケジュールの中で働くと思っていなかったので、できれば学生のうちからスケジューリングの癖をつけたほうがいいかと思います。

――今までで一番印象に残った仕事について教えてください。

一番印象的だったのは、販促チームで初めて自分の担当商品を持ったときのことです。ちょうどその商品がリニューアルするタイミングで、「販売戦略から発売までの管理を一貫して担当してください」って言われたんです。いきなりのことだったので、最初はビックリしましたが、そのぶん学んだことも多かったのを覚えています。

――福田さんは、どんなオフタイムを過ごされているんですか?

平日は週に1回のペースで必ずテニスをしています。土日はニンテンドースイッチでポケモンやモンハンをしたり、ショッピングや美味しいものを求めてフラッと散歩したりしています。時間の許す限り、インドアからアウトドアまで色々なことに取り組んでいます。

※オフタイムでは登山も楽しむ

――プライベートの中で、仕事に活かされているなと思うことはありますか?

マーケティングという仕事上、やっぱり世の中のことには敏感でなければいけません。そういう意味では、幅広い趣味が新しい商品コンセプトを考えるキッカケにつながっているなって思います。

――最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします。

私は入社して配属が決まるまで自分が通販事業に携わることになるとは考えたこともありませんでしたが、今はこの事業ならではの面白さを感じつつ、楽しく業務に取り組むことができています。

就活中は不安でいっぱいな時もあると思います。でもそこで諦めずにぜひ自分の思いや考えを真っすぐに伝え続けてください。そうすればきっとご縁のある企業と出会い、入社後も自分らしく楽しく働くことができるはずです! 

記事内容及び社員の所属は取材当時のものです。

文:猿川佑
編集:学生の窓口編集部
取材協力:アサヒグループ食品

編集部:ゆう

編集部:ゆう

音楽、ハイエンドオーディオ、グルメ、そしてお酒と家族が大好きな、保育士資格(国家資格)を持つWEB編集者です!

関連記事

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催