基本情報技術者資格ってどんな資格?試験概要や難易度、申込方法から勉強方法まで解説!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

基本情報技術者試験は、IT系の技術者として活躍するための基本知識を習得できる資格です。

会社に入ってから合格を義務付けられる社会人もいますし、応募予定の会社がIT系のために就活前に取得する学生もいます。

現役エンジニアからは「今更取得しても無駄」と言われることもありますが、基本知識の習得方法としてはかなり有益な資格です。

今回は、基本情報技術者試験について紹介します。

基本情報技術者試験とは

基本情報技術者試験は、ITエンジニアとして活躍するにあたって最低限つけておきたい知識を習得できる国家資格です。

英語の名称を「Fundamental Information Technology Engineer Examination」といい、「FE」と略されることもあります。

参考:「IPA 情報処理推進機構 基本情報技術者試験(FE) ~ ITエンジニアの登竜門 ~

基本情報技術者試験とITパスポートにはどんな違いがある?

同じくIT・Web系で活躍したい人が取得する資格に「ITパスポート」がありますが、基本情報技術者試験の方が求められる知識と難易度が上になります。

基本情報技術者試験の方がITパスポートよりも経営系の問題が少なく、技術系問題が多いということもありますが、全くの未経験からIT業界へ飛び込むならITパスポートを取得してから基本情報技術者試験の合格を目指した方が、流れとしてはスムーズです。

基本情報技術者試験の概要

基本情報技術者試験に合格した人に期待される業務水準は、以下の通りです。


1 情報技術を活用した戦略立案に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
1.対象とする業種・業務に関する基本的な事項を理解し、担当業務に活用できる。
2.上位者の指導の下に、情報戦略に関する予測・分析・評価ができる。
3.上位者の指導の下に、提案活動に参加できる。
2 システムの設計・開発・運用に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
1.情報技術全般に関する基本的な事項を理解し、担当業務に活用できる。
2.上位者の指導の下に、システムの設計・開発・運用ができる。
3.上位者の指導の下に、ソフトウェアを設計できる。
4.上位者の方針を理解し、自らソフトウェアを開発できる。

(引用:「IPA 情報処理推進機構 基本情報技術者試験(FE) ~ ITエンジニアの登竜門 ~」)

基本情報技術者試験の実施期間は上期・下期の一定期間

基本情報技術者試験の試験期間は、上期・下期の一定期間となっています。CBT方式で試験を実施するため、「一定期間」となっているのです。

参考までに令和3年度の上期・下期の申込受付期間開始日を紹介します。

  • ・令和3年度上期 4月16日(金)から開始
  • ・令和3年度下期 9月6日(月)から開始

申込開始から3ヶ月程度が受験可能期間です。

CBT方式とは、指定された試験会場でパソコンを利用して実施される試験のことです。

実施日や受験会場を指定されたものの中から選択できるので、自由度が高く受験しやすい制度となっています。

基本情報技術者試験の試験時間・出題形式・出題数

基本情報技術者試験の試験は、午前試験と午後試験に分かれています。

  • ・午前試験:試験時間150分、出題数80問/回答数80問、四肢択一形式
  • ・午後試験:試験時間150分、出題数11問/回答数5問、多肢選択式

なお「午前試験」「午後試験」は、単なる試験名称です。CBT試験の予約可能な時間帯を示しているわけではないので注意しましょう。

たとえば、「午前試験」を午後の時間帯に指定して受験することも可能ですし、「午後試験」を午前中に受験することも可能です。

基本情報技術者試験の免除試験とは

基本情報技術者試験の免除試験とは、

基本情報技術者試験の一部(午前試験)を免除し、午後試験のみ受験する試験です。

(引用:IPA 情報処理推進機構 基本情報技術者試験(FE) 令和3年度下期基本情報技術者試験について

基本情報技術者試験を実施しているIPAが認定している講座を受講し、修了試験に合格することで午前試験が免除されます。

IPA認定講座の中には教育訓練給付制度に対応しているものもあります。受講を希望する場合は、「IPA 情報処理推進機構 基本情報技術者試験(FE) 基本情報技術者試験(FE)の午前試験が免除される制度について」内に認定講座の一覧へのリンクがありますので、そちらを確認してください。

基本情報技術者試験の申し込み方法

基本情報技術者試験の申し込みは、インターネットからの申し込みです。

試験運営を委託されているプロメトリック株式会社の「国家試験 基本情報技術者試験」から申し込みます。

申し込みの手順は以下の通りです。

  1. 1.プロメトリックIDの取得
  2. 2.ログイン
  3. 3.試験予約
  4. 4.試験会場・受験日の予約
  5. 5.支払方法の選択(クレジットカード払い/コンビニ・Pay-easy払い)
  6. 6.受験料金の支払い(クレジットカード払いは画面上で、コンビニ・Pay-easy払いは店舗で支払い)
  7. 7.予約完了メールの発行・印刷

受験後はログイン後画面の「スコアレポート」から、成績照会ができます。

また、合格発表は、受験完了した月の翌月下旬に、合格者の受験番号がIPAホームページに掲載されます。

基本情報技術者試験の日程と試験会場について

基本情報技術者試験の日程は試験会場によって変わります。

試験会場は「PROMETRIC 全国の試験会場(テストセンター)検索」から、検索可能です。パソコンスクールが対象になっていることが多いので、自宅や職場周辺のパソコンスクールが対象になっている可能性がありますよ。

開催日程や予約状況は「PROMETRIC 試験会場検索・予約状況確認」から確認可能です。

基本情報技術者試験の合格率と難易度

基本情報技術者試験の合格率は、25%程度です。

受験者層は社会人が半数以上を占めており、平均年齢は25歳程度。学生の受験者もいますが、3割程度となっています。

参考:「IPA 情報処理推進機構 基本情報技術者試験(FE) 統計情報

基本情報技術者試験は独学合格が可能

基本情報技術者試験は、独学での合格が可能です。

ITパスポートに比べると難易度は高いですが、未経験から独学合格する人もいます。

基本情報技術者試験の独学方法と勉強時間

勉強時間は、全くの未経験者が午前・午後試験を受験する場合200時間前後が目安です。

技術系も経営管理系もITパスポートに比べると高度に感じるものが多く、ITパスポートよりも学習時間は長めと考えた方がいいでしょう。

独学の方法は、受験勉強の方法と変わりません。

  • ・参考書・問題集を購入する
  • ・参考書を通して学習する
  • ・問題集を解く
  • ・参考書・問題集の学習を繰り返す
  • ・目立った苦手分野がある場合はその分野を重点的に学習する

IT分野に馴染みがない人は、専門用語でつまずきがちです。

「基本情報技術者試験は難易度が高い」と感じたなら、より基礎に近いITパスポートから学習するといいでしょう。

試験に備えて早寝早起きの習慣をつけておく必要もある

CBT試験は、対応している試験会場に行って試験を受ける必要があります。

不規則な生活をしていると時間内に試験会場につけなかったという事態も想定されます。実際、基本情報技術者試験当日になると「起きれませんでした」「0次試験に合格できませんでした」という投稿がSNSを賑わします。

試験に備えて昼型の生活習慣をつけるようにしましょう。

午前試験の免除制度を利用して午後試験に集中するのもあり

「午前試験」の免除は、免除になってから1年間有効です。

まずは、「午前試験」免除のためには特定の講座を受講する必要がありますが、全くの未経験なら基礎力を確かなものにするために、あえて講座を受講するのも手です。

「午前試験」が免除されれば「午後試験」の勉強に集中できますし、考えてみてもいいでしょう。

過去問は書籍やWebサイトを利用する

基本情報技術者試験の過去問は、「IPA 情報処理推進機構 過去問題(問題冊子・配点割合・解答例・採点講評)」から閲覧可能です。

過去問を解いて慣れたい場合は、書籍や学習用のWebサイトを活用してもいいでしょう。

ただし、令和2年の春試験から出題範囲の見直しがされているためあまり古い過去問は参考にならない可能性があります。注意してください。

基本情報技術者試験の独学におすすめの参考書

基本情報技術者試験の独学におすすめの参考書は、「図解が多く」「自分にとってわかりやすい」「受験年度に対応している」ものです。

分厚いけれど難しいものよりは「行き詰まったときの解説が丁寧」なものの方がいいでしょう。

インターネットで購入する場合も書店で購入する場合も試しに読んでみて、検討してください。

基本情報技術者試験はIT系に就職するならとっておいて損はない

基本情報技術者試験は、IT系の技術者として活躍する予定ならとっておいて損はない資格です。

基本情報技術者試験を足掛かりに、上級資格の取得を目指し知識と経験を兼ね備えたエンジニアを目指しましょう!

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催