【例文付き】教授へのメールの書き方解説!挨拶は「こんにちは」でいい?基本のメール構成とは?

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

※記事全文を読むには会員登録(無料)が必要となります。

教授に対して、失礼なメールを送ってしまっていませんか? いつも顔を合わせているから、ちょっとした質問だからといっても、1つ1つのメールには失礼のないような気づかいが必要。ですがいざ書こうとすると「挨拶はどうする?」など細かな点で悩んでしまいますよね。今回は、教授に対して失礼のないようなメールの書き方についてご紹介します。

教授に失礼のないメールとは?挨拶は「こんにちは」でいい?

教授に失礼のないメールを送るためには、やはり全文を通して敬語、丁寧語をきちんと使うことが大切。「〜下さい」というのは丁寧なようでいて実は命令形となるので特にご注意を。お願いをしたい時には「〜していただけないでしょうか」をお伺いを立てる形が正解です。

絶対に避けるべきポイントは?

教授へのメールで絶対に避けるべきは、ずばり「なれなれしい文面」。教授に限らず実社会においても、たとえ対面での会話がフレンドリーだったとしても、メールなどの文面ではワンランク丁寧な表現にする傾向があります。いくら仲の良い教授が相手でも「記号」「顔文字」「〜いいですか?」などの乱用は避けたほうが良いでしょう。

最初の挨拶は「こんにちは」でいい?

友達同士のメールとは違い、「こんにちは」「おはようございます」などの挨拶は不要です。教授がいつメールを読むか分からないですし、ややくだけた印象になるためビジネスシーンでもあまり使われません。後ほど詳しく解説しますが、挨拶よりもまず名前を名乗ることが大切です。

名乗る前に何かしら挨拶したいんだけど…?

最初に何かしら挨拶を入れたいけど、「こんにちは」だとカジュアルすぎるかも…?そんな時に使えるとっておきのフレーズをご紹介します。それは、

「お忙しいところ恐れ入ります。」

これはビジネスシーンでも使える便利なフレーズです。是非覚えておいて下さいね。ただしこの挨拶は必須ではなく、挨拶なしで名前を名乗っても全く差し支えありません

教授に送るメールの基本の構成はこうだ!

教授に送るメールの基本の構成

教授に送るメールは基本的に次のような構成にすると良いです。

1.件名:内容を掴みやすいものにする
2.書き出し:宛名を必ず書く
3.本題:まず名乗る
4.締めくくり文でまとめる
5.署名でフィニッシュ!

次からは、この構成の順番に詳しい書き方を解説していきます。

STEP1.件名:内容を掴みやすいものにする

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催