【例文付き】ゼミの志望理由の書き方は? 大学3年生は要チェック!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

大学における「ゼミ」はより高度な専門知識を学ぶためのもの。「高橋ゼミ」というように教官の名前が入っていることが多く、その先生に師事して知識・人脈を広げる場でもあります。ゼミに入るためには担当教官の許可が必要ですね。いわば入門許可ですが、これを得るためには、先生に志望理由書(あるいは志望動機書)を提出しなければなりません。今回は「ゼミの志望理由の書き方」についてご紹介します。

ゼミの志望理由書に求められるものとは?

ゼミの志望理由書に求められるものは大きく以下の2点です。

・ゼミに入りたいという熱意を表明すること
・教官に認めてもらうこと

ゼミはいわば研究を目的としたサークルのようなものですが、少人数なことがほとんど。そのため特に熱意ある優秀な学生の加入を求めています。また、ゼミはあくまでも教官が管轄するものですから、教官が加入を認めてくれなければ入れません。

ゼミに所属する(できる)までの道筋は、各大学、各学部によって異なっていますが、教官に許可されることが必要な点では変わりありません。大学院へ進学することも視野に入れ、がっつりと研究を行うといったゼミでは、教官の学生を見る目はさらに厳しくなります。

また、そもそも少人数ですから人気のゼミでは競争率も高くなります。安易な気持ちで入ろうとしてもなかなか難しいのが現実です。そこで、ゼミの志望理由書をどのように書くかが重要になってきます。逆にいうと、さほど志望者が多くないと思われるゼミなら、志望理由書を簡単に済ませたとしても入れる可能性が高くなるということです。

志望理由を書く前にまずすべきたった1つのこと

志望理由を書く前にまずすべきたった1つのこと

ゼミの志望理由といっても書くことがないーーー。志望理由書を書こうと思っても、何も思いつかない、こんなケースも多いのではないでしょうか。実は志望理由を書き始める前にまずすべき、たった1つのことがあります。それは…

志望するゼミについて徹底リサーチすることです。

具体的には次のような方法が考えられます。

・教官が扱う講義の内容を調べる
・ゼミの方針を理解する
・教官の出した本や論文に目を通す
・ゼミの先輩に教官のツボを聞く
・研究室を訪問して話を聞く

なぜリサーチが必要なのかというと、それはあなたの志望理由をゼミの活動内容とリンクさせる必要があるためです。志望理由が「ゼミでの研究概要」「教官の研究テーマ」とズレていると、教官の心には刺さらないのです。

何よりも、リサーチをすることで「自分だったらこんなテーマで深掘りしてみたい」といった具体的なビジョンを持てるようになります。そうすると志望理由書に書く内容も頭に浮かびやすくなるのです。

特に、ゼミ生の先輩に話を聞くことができればベター。「自分の時はこうした」「教授はここを大切にしている」といった先輩の生の声は役立つこと間違いなしです。

ゼミの志望理由書を書く際のポイント

ゼミの志望理由書を書く際のポイント

教授にアピールできる志望理由書に仕上げるためのポイントは次の4つです。

1. あなたの「熱意」を伝えること
2. なぜそのゼミに入りたいかを「明確に」伝えること
3. そのゼミで何をしたいのか「具体的に」伝えること
4. 文体は「です/ます」調で

とにかく熱意が伝わらないと話になりませんし、また合理的に志望動機が語れないのであれば駄目ですね。3は「ゼミにどのように貢献できるか」を語ることでもあります。ゼミにいい影響を与えることができる人間であることをアピールするのです。

文体は「です/ます」調を用います。「ゼミに入れてほしい」という主旨で、依頼文ですから、教官に礼を失することのないように注意してください。

ゼミの志望理由書はどのような構成にする?

志望理由書の構成については次のような順番で書くことをオススメします。

1. そのゼミを志望する理由
2. そのゼミで何をしていきたいかの展望
3. 自分のこと、長所など
4. 締めの一文

志望動機のような一種の売り込みの文書では、最も言いたいことを一番先に出します。これはプレゼンペーパーと同じで、結論を最初に持ってくるのです。

一方で、あなたがいかに優秀な成績を修めていても、最初にそれを持ってくるのは自慢のように取られてしまうかもしれませんのであまりおすすめしません。自分のアピールは、文書の最後に入れるのがいいでしょう。

また、内容によって文章をブロックに分けて読みやすくします。ブロックごとに1行開けるなど読みやすさを心掛けましょう。

ではサンプルを挙げてみましょう。最後になって意外に困ってしまう『締めの一文』サンプルについても何点か集めてみましたので、後ほどまとめてご紹介しますね。

ゼミの志望理由書のサンプル その1

○○ゼミ
担当教授 □□ 先生

私は□□先生の「○○ゼミ」に所属したいと考えております。

□□先生の『●●●●』『▲▲▲▲』などの著作を拝読し、いずれもそれまでの同分野の研究とは一線を画す、非常に実証的な研究を基に書かれたものと、大変感銘を受けました。同時に、自分も□□先生のように実証的な研究を進めたい、また□□先生にご指導を賜り、研さんを積みたいと考えております。

大学入学時は特に考えていませんでしたが、先生の著作に触れて日本の近代経済についてにわかに興味が湧き、教養では日本史、また経済理論についてできるだけ多く学ぶようにしました。また、私はコンピュータープログラムについても学んでいますので、このスキルを生かして、日本の近代経済の数値モデルを構築し検証する、といった研究ができれば、と考えております。

好奇心が旺盛なところが自分の長所と思っています。この長所を生かしてゼミでも頑張っていきたいと思っています。

何とぞよろしくお願いいたします。

△△大学 ○○学部 □□学科
高橋太郎

ゼミの志望理由書のサンプル その2

○○ゼミ
担当教官 □□ 先生

私は□□先生の「○○ゼミ」を志望いたします。

□□先生の研究テーマである「室町時代の文学」に強い興味があることが志望の理由です。室町時代には和漢混交文が生まれ、これが現代の日本語の表現にまでつながっていると言われます。いわば現代文学の表現のルーツでもあるわけで、その研究には大きな川の源流をたどるような魅力を感じています。

高校生のころから古文の授業が好きだったことも志望に至った理由の一つです。ゼミに入ったら、多くの同時代の文学に当たり、また古文書を読むことができるようになりたいと考えています。古文書を読むスキルを磨いて、同時代の文書を読み込み、文学作品の背景にある世相、庶民の生活などを立体的に浮かび上がらせる研究ができればと考えています。

子供のころからとにかく本を読むのが好きでした。中・高、また大学に入学してからも本を多読する生活を送ってきました。ゼミでもこの自分の特性を生かせると思っています。

ご検討をよろしくお願いいたします。

△△大学 ○○学部 □□学科
鈴木花子

意外に難しい!?『締めの一文』集

締めの一文

最後になって意外に悩んでしまうことの多い、「締めの一文」を集めました。

●先生や仲間たちとともに知識を深めていけることが本当に楽しみです。どうぞよろしくお願いいたします。

●教授のご指導のもと、仲間たちとより良い研究ができればと思っていますので、ぜひよろしくお願いいたします。

●仲間同士のディスカッションで色々な考え方に触れるのも何より楽しみです。ぜひご検討をよろしくお願いいたします。

●ぜひ、先生のもとでの研究の機会をいただけますよう、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

●何とぞよろしくお願いいたします。

●ご検討をよろしくお願いいたします。

●ぜひともよろしくお願いいたします。

●何とぞ、ご検討いただければ幸いです。

まとめ:見直しも忘れずに

今回はゼミの志望理由書の書き方について、例文つきでご紹介してきました。志望理由書を書く際は「熱意を持って」「明確に」「具体的に」伝えることを心がけてみましょう。

そしてゼミの志望理由書を書き上げたら、読み返して見直すことも忘れずに。誤字脱字があったらそれだけでマイナスイメージがついてしまいます。また、志望理由書のフォーマットが用意されている場合には、その書式にのっとって記載しましょう。教官の目に止まるような、強くアピールできる志望理由書に仕上がるといいですね。

(マイナビ学生の窓口編集部)

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催