バイク保険の保険料が変わる「車両の使用目的」とは?

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

バイク保険に加入する際、契約項目の一つに「使用目的」というものがあります。バイクの使用目的によって、補償する内容には違いがでてきます。ここではバイクの使用目的と保険との関係について解説していきます。

使用目的の種類について

バイク保険は様々な区分に応じて保険料が変わります。その基準の一つに、「使用目的」があります。
使用目的を知ることで、走行距離や事故のリスクを把握し、保険料の基準を決めていきます。
使用目的は、「業務使用」「通勤・通学使用」「日常レジャー使用」の3つの区分に分類されます。

業務使用

バイクを仕事用として利用する場合です。営業用や、作業現場などの移動でバイクを利用する場合などがあげられます。週5日もしくは月15日以上業務で利用している場合が基準です。

通勤・通学使用

文字通り、会社や学校への移動手段として利用している場合です。週5日以上、月15日以上を通勤通学で使用していればこの区分に当てはまります。

日常・レジャー使用

業務使用や通勤・通学使用に当てはまらない場合です。主に買い物や週末の外出用に利用するもので、日数の制限はありません。

使用目的と保険料

使用目的によって保険料が変わるのは、乗車頻度や走行距離に応じて事故のリスクが変わるためです。バイクに乗る機会が多くなるほど、保険料は高くなります。

使用目的順に当てはめると「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の順で、保険料は上昇します。しかし保険料が高くなる分、補償範囲も広くなります。例えば業務目的で契約していた場合、日常やレジャーでの事故も補償の範囲となります。

自分が主にどのような場面でバイクを利用するのかを考え、使用目的を選択することが大切です。

使用目的を偽った場合と変更する場合

本来は通勤目的で使用なのに、保険料が安いからといって使用目的を日常・レジャーで申告することはできません。このような状況で、通勤途中で事故が起きた場合、保険会社による補償は行われない可能性が高くなります。

理由としては、使用目的には告知義務があるためです。
契約者は保険会社に使用目的を正確に申告しなければなりません。虚偽の報告をすることは、告知義務違反に当てはまります。

ちなみに日常・レジャー目的での契約で、たまたま雨の日の通勤で事故にあった場合は補償を受けられます。これは、日常・レジャーの場合、バイクの使用が月15日未満であれば、本来は日常・レジャーとして使用していると判断されるためです。
また使用目的の変更は、手続きが必要です。使用目的には通知義務があります。契約期間中に変更があった場合は、保険会社に内容を通知しなければなりません。速やかに保険会社に届け出ましょう。

まとめ

使用目的は、バイクの乗車におけるリスクを正しく予測するものです。正しく申告し、もしもの事故に対する適切な備えを行いましょう。

(学生の窓口編集部)


監修協力:鈴木幸子

2010年よりFP活動を始め、子育てファミリーの家計相談、住宅購入相談を実施。フジテレビ「Live News it!」でコメンテーターを務めるなど、地元金融機関、住宅メーカーでの講演実績を持つ。保有資格AFP・証券外務員2種・相続診断士。

https://www.gyl-h.com/

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部です。大学生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報までご紹介します。

関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催