「オワコン」とはどういう意味? 「オワコン」の意味と使い方について解説!

編集部:ゆう

お気に入り!

あとで読む

あなたは「オワコン」という言葉をご存知でしょうか?

さまざまな流行語を生み出すインターネットから生まれた「オワコン」は、2011年度のネット流行語大賞にも選ばれています。

「オワコン」というワードを聞いたことがないというあなたは、どのような意味でどのように使われている言葉だと思いますか?

また「オワコン」という言葉を知っているというあなたは、どのようなものが具体的に「オワコン」に該当すると思いますか?

今回は「オワコン」の意味と使い方について解説していきます!

「オワコン」の意味


「オワコン」は「終わったコンテンツ」を略した言葉で、主に一般ユーザーに飽きられてしまい、一時は栄えていたものが現在は見捨てられてしまった、ブームが去ってしまった、あるいは時代に合わなくなったことを意味しています。

これらを総括しているインターネットスラングが「オワコン」です。

「オワコン」は、もともとアニメファンの間で使用されていたと言われており、その後インターネット上で広まりました。

「オワコン」は2011年度の「ネット流行語大賞」5位に入選しただけでなく、中高生が辞書に載せたい日常語の最優秀作品10語にも選ばれています。

「オワコン」の使い方

「オワコン」を使った例文を見ていきましょう。

(例文1)ガラケーは、オワコンになるのだろうか? 
(例文2)このサイトはもうオワコンだよね。

「オワコン」は「終わったコンテンツ」という意味ですが、完全に終わったコンテンツに使われることはほぼなくありません。

「終わりそうなコンテンツ」や、「時代に合わない、流行遅れのコンテンツ」という意味でよく使われています。

そのため「これはオワコンなのか?」という使われ方の場合は「これは今後終わるコンテンツなのだろうか?」という意味が含まれていると判断できるのです。

オワコンは「人」に対しても使われる

また「オワコン」はコンテンツだけでなく「人」に対して使われることもあります。

たとえば、流行が過ぎ去り最近あまり見なくなった「もの」や「人」を「オワコン」という言葉を使って表現するのが一般的です。


オワコンの使い方、間違ってるかも?似たようなネット言葉に注意!

自信満々で「オワコン」という言葉を使ったとしても、使い方が間違っていては意味がありません。

「オワコン」と良く間違われる言葉とその意味を、以下にまとめています。

もし、間違って使っている言葉だったとしたら今すぐ改善したほうが良いかもしれません。

エンドコンテンツ まだ楽しめるコンテンツのこと。
主にやり込みできるゲームに使われる。
オフコン 小型のコンピューターのこと
閉じコン 「閉じたコンテンツ」の略。
「狭い世界」や「閉じたコミュニティ」で一定の支持を得ているコンテンツという意味が転じている。

インターネット上には個人や企業が作った『オワコン一覧』というものがあるが……?

一部のインターネットユーザーや企業によって、以下のような「もの」や「人」に対して「オワコン」として一覧表が作られている傾向にあります。

インターネットユーザーによって作られているオワコン一覧の例
・オワコンYouTuber
・オワコンアニメ
・オワコンソシャゲ(ソーシャルゲーム)
・オワコン芸能人

時代ごとの流行り廃りが昔に比べて早いということも「オワコン」が増えつつある背景なのかもしれませんね。

ただし、あくまでこれらの「オワコン一覧」は話題性を狙った個人あるいは企業が作っているものです。

実際に終わっているコンテンツかどうかの判断は、インターネットユーザーであるあなたに委ねられるでしょう。


「オワコン」は死語なのか?

最近では「オワコン」という言葉自体が「ネット死語」であるという意見も見られます。

ネット死語とは?
インターネット掲示板「2ちゃんねる」やニコニコ動画などで盛り上がり、当たり前のように誰もが使っていたネット言葉にもかかわらず、今では化石のように使われなくなったネット言葉

インターネットユーザー目線で「死語」として見られてしまっていることから、これまで当たり前に「オワコン」という言葉を使っていた人にとっては皮肉な結果となっています。


まとめ

今回は「オワコン」の意味と使い方について解説してきました。

「オワコン」は「終わったコンテンツ」の略語ですが「終わりそうなコンテンツ」や「時代に合わない、流行遅れのコンテンツ」という意味でよく使われています。

「人」や「もの」によっては、話題性を作りたいと考えているインターネットユーザーや企業が「オワコン一覧」というリストを独自に作っている場合もあるため、気になる人は検索して明日の友達同士の話題のネタに使うのも面白いかもしれません。

ただし「オワコンという言葉自体が死語だ」という意見もあるので、使う際には気をつけてみてくださいね!

執筆:melz.K

美容、就職・転職、その他さまざまな記事を執筆しているライター。クレジットカードやローンなどの記事も数多く執筆している。ライター経験は15年。本業は金融関係の仕事をしながら、兼業ライターとして活動している。ライターの仕事でさまざまな記事作成を行う中で、いろいろな知識を得ている。音楽など芸術が趣味で、時間を見つけてコンサートや展覧会に行っている。好きな音楽家のスペシャルコンサートに行くのが楽しみ。


関連記事

「その他」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催