大人なのにキャラクター入りグッズは日本だけ? 「かわいい」が許される日本、許されないヨーロッパ

学生の窓口編集部
2015/09/04
あとで読む

日本にあって、ヨーロッパにないもの。それは「かわいいモノ」です。日本の文房具屋さんに入ると、キャラクター入りのものなど、本当にかわいいものが多いですよね。反対に、例えばドイツの文房具屋さんは、いかにも「大人のオフィス」といった雰囲気の品揃えで「かわいい」ものは少ないですね。

日本では子どものみならず大人もかわいいものを使ったり、キャラクター入りのものを持ち歩いていたりするのがヨーロッパ人には不思議にうつるようです。

たとえば日本の銀行で通帳を作る際、銀行によってはキャラクター入りの通帳を選ぶことも可能です。筆者は来日当初、「銀行の通帳は子どもではなく、大人が作るものなのに、通帳に『キャラクター』が入ってるんだ!」と衝撃を受けました。でもしばらくすると、キャラクターの入った通帳のほうが自分で保管している際に目立つから使いやすいですし、かわいいしで、最近は無地のものよりもキャラクター入りの通帳を進んで選ぶようになりました。

日本では銀行のみならず多くの企業で「キャラクター」を使っていますよね。ヨーロッパだとキャラクターがあまりありませんし、そもそもヨーロッパにおいて「キャラクター」はイコール「子どもを対象」にしたものです。でも日本では対象が決して子どもではなく、大人向けのサービスを提供している企業であっても、語学学校や銀行、保険会社などが各自キャラクターを持っていたりするのですね。

企業のみならず、流行の「ふなっしー」(船橋市)や「くまモン」(熊本県)などの「ご当地キャラクター」も流行っています。もっとも必ずしも市や県から公認されたキャラクターだとは限らないようですが、それは措いておくとしても、ここまでご当地キャラが流行るのは「日本ならでは」なのかもしれません。全国ご当地キャラクターグッズガイド( http://www.axcpark.com/shop/characters/ )には全国のお茶目なキャラクターがズラリと並んでいて「こんなにたくさんキャラクターがあるんだ!」と驚くとともに、茨城県の「つちまる」や長野県の「アルプちゃん」など愛嬌のあるキャラたちに癒されました。

ちなみに筆者はドイツに住んでいた子ども時代、「キティちゃん」が大好きでしたが、日本に来て初めて「ご当地キティちゃん」なるものを知って感激したものです。

次のページヨーロッパではキャラクターグッズは注意?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催