『リメンバー・ミー』は“家族に会いたくなる映画”! 大学生の涙が止まらない?! 試写会レポート

学生の窓口編集部
2018/03/14
体験レポート
あとで読む

先日行われた、第90回アカデミー賞®「長編アニメーション賞」「主題歌賞」にディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』がW受賞を果たしました! 美しいメキシコの音楽、陽気でカラフルな<死者の国>の描写が印象的な今作品は、ミュージシャンを夢見る主人公ミゲルの成長ストーリーに思わず涙が流れてしまったと全世界で話題になっています。
いよいよ3月16日(金)の日本での公開目前となった『リメンバー・ミー』。3月某日、マイナビ学生の窓口では読者限定で独占試写会を開催しました! 一足早く映画を体験した学生に『リメンバー・ミー』について本音を聞いてみました。

第90回アカデミー賞®W受賞! 「リメンバー・ミー」の試写会を開催!

今回、会場に集まった大学1年生から大学院2年生の約60名のマイナビ学生の窓口の読者。映画の鑑賞前に『リメンバー・ミー』のイメージを聞いてみると

・「音楽の映画で楽しそうだな」
・「たのしい感じの映画」
・「ファンタジーでおもしろそう」
・「可愛くて陽気でエキゾチック」

などポジティブな意見がある中、

・「死者の国が舞台でダークなイメージ」
・「安直な感動モノ」
・「絵が好きではなく、つまらなそう」

と、学生からは意外とネガティブなイメージを持つ人も。しかし上映が始まるとあっという間にカラフルな世界観と陽気な音楽に引き込まれていきます。 

<あらすじ>

ミュージシャンを夢見る少年ミゲル。だが彼の家は代々音楽を禁じられていた。ある日 “死者の国”に迷い込んだ彼に手を差し伸べたのは、陽気だけど家族が恋しいガイコツのへクター。やがて二人がたどり着く、ミゲルの家族の秘密とは? 重要な鍵となるのはミゲルの大好きな曲「リメンバー・ミー」だった……。

涙がボロボロ止まらない?! 上映鑑賞後の学生の本音を聞いてみた!

上映が終わった会場はいたるところで涙をぬぐう様子や鼻をすする音が……! さっそく試写会に参加した学生に『リメンバー・ミー』鑑賞後の印象を聞いてみると、 

・「家族のつながりを考えさせられる素晴らしい映画!」
・「子ども向けだと思っていたら大人も泣ける。こんなに感動するとは思わなかった」
・「ディズニー映画は正直好きではなかったけど、大切なことに気付かせてくれて心が温まる映画でした」
・「夢を一心に追うミゲルの姿に感動した」
・「ミゲルの感情に共感して胸が高鳴った」
・「今の時代でもこんなにやさしい作品が生まれることが嬉しい」
・「『トイ・ストーリー3』を超える作品でした」

といった声をどの学生も生き生きとした表情で語ってくれました。 

また、「そんな本作を一言で表すとしたらどんな映画ですか?」と聞いてみたところ“家族に会いたくなる映画”という回答がダントツ一番! その理由に 

・「家族の大切さに気付かせてくれる。家族ともう一度見たいと思った」
・「自分は両親や祖父母、それ以上の家族のつながりがあるからこそ今存在しているんだと気付かせてくれた」
・「普段は家族がいなくなるということを考えないけれど、この映画を見たら家族の声を聞きたいし会いたいなと思った」
・「家族の大切さを改めて感じた」
・「一番近くにいる家族について考えることができる映画でした。自分の人生に活かしたい」
・「誰もが共感できる要素があると思う」

など、家族への優しい想いにあふれた回答が目立ちました。中には「最近父とうまくいっていないので、父と一緒にもう一度見たい」という声も。会場には就活帰りのスーツで参加している学生さんの姿もありました。この映画を見て改めて家族の大切さに気付き、就職活動について家族と話してみるのもいいのかもしれません。

また特に学生から評価が高かったのは、本作のタイトルと同じ主題歌「リメンバー・ミー」。先日行われた、第90回アカデミー賞の主題歌賞を受賞したこの曲は『アナと雪の女王』で一大ブームとなった「レット・イット・ゴー」の作曲家と同じロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻です。劇中では主人公ミゲルをはじめ、登場キャラクターが様々なアレンジで歌い、何回も劇中で歌われます。学生からも 

・「映画のストーリーとリンクしていて素晴らしい曲でした」
・「最初は何気なく聞いていた曲も、ストーリーが進むと泣けて感動しました」
・「曲の意味がわかるとさらに好きになる曲」

といった声があり、映画のストーリーと深く関係している曲だとわかりました。メロディが素敵なのはもちろんですが、歌詞にある<たとえ離れても 心ひとつ お前を想い歌うこの歌>という本当の意味を理解した時に、思わず感動の涙を流してしまうはずでしょう。

陽気でカラフルな<死者の国>を舞台に“家族の絆”をテーマに描く映画『リメンバー・ミー』。美しいメキシコの音楽と驚きに満ちた感動のファンタジー・アドベンチャーは、世界中の観客を感動の渦に巻き込み、全米では興行収入3週連続1位の大ヒットを記録しました。そんな映画『リメンバー・ミー』は今週3月16日(金)より全国公開です。家族の大切さについて改めて考えることができる本作品、友達、恋人、家族などあなたの大切な人と映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.   
公式サイト:disney.jp/Remember-me

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「その他」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催