一人暮らしの家賃相場はどのくらい? 引越し前に知っておきたい知識

学生の窓口編集部(I)
2017/10/31
新生活
あとで読む

一人暮らしの家賃相場

一人暮らしをしている人、とくに大学生や専門学生の家賃の相場が気になるという人は多いでしょう。これから引越しをする方はお部屋選びにも大きく関わってきますよね。間取りや広さだけでなく、通学時間も関係してくる在学中の住まい。学生生活でも重要なポイントになる家賃の相場を解説します。

▼こちらもチェック!
東京の一人暮らしの費用、地方とどれくらい違う? 家賃、食費など計算してみた

■首都圏VS地方で違う一人暮らしのポイントと家賃相場

学生向けのアパートやマンションの家賃の相場はいくらでしょうか。一般の賃貸でも首都圏と首都圏近郊、地方では家賃が異なるのと同じように、学生向け物件も家賃が変わります。また、通学している大学や、エリアによっても変動があります。

物件選びの際にもっとも重視するのが駅からの距離。以前は通学時間が長くてもいいと考えられていた通学時間が年々短くなり、今では14分~25分以内での通学を希望している人が多くなりました。

首都圏の場合は、駅に近く便利であることを考えると、家賃は高くなってしまう傾向にあるようです。しかし、首都圏以外の地域や地方の場合には、大学周辺にスーパーなどが揃っていることも多くあります。そのため、家賃も首都圏よりも低く、便利さを求めなくてもある程度賄えるようです。

■首都圏の家賃相場は?
一人暮らしでも「住まいに選びになにを優先するか」で、家賃が大きく変わってきます。たとえば、首都圏の大学に通学する大学生は、「学業に集中する」、「交通費や時間を節約するためにも大学に近い場所がいい」など、集中できる環境づくりのための賃貸物件を見つけているようです。

◎大学生:5万6500円~6万2000円
首都圏、とくに東京を中心にリサーチされたアンケートによると、大学生が住む賃貸物件の家賃の相場は 5万6500円。少し高めに感じるかもしれません。この相場の背景には、通勤時間や一番のポイントになっているようです。首都圏の中でも、23区の中心であれば6万2000円ぐらいまで相場がひきあげられます。

学業に集中することを考えた距離で、通学できることを考えているようで、住宅設備や築年数が古くても、短時間で通学できるほうがよいという人が増えています。

間取りを聞いてみると、大学生の相場では「1R(ワンルーム)」や「1K(ワンルーム+キッチン)」が圧倒的に多いようです。大学までの通学距離が短く、通学時間が25分未満にすると、5万6500円~6万2000円というこの相場が理解できるかもしれません。

◎男性と女性でも相場は3800円~4300円くらい違う
男性の一人暮らしの場合、立地条件が優先されるので、男性 5万4800円~5万9700円この相場になります。大学にも近いことや周辺にスーパーやコンビニがあることなどの便利さも大切なようです。もちろん、23区のほうが高くなりがちですが、1階部分の住まいや人目を気にしないで生活することもできるのかもしれません。

それに対し、女性の場合は 5万8600円~6万4000円とされています。女性の場合は安全性が大事ですから、2階以上で部屋の周辺の環境がいい部屋を優先しているようです。そのため、一人暮らしの男性との相場の価格差が、3800円~4300円となっているのかもしれません。

さらに、女性の場合は首都圏や都心部での一人暮らしや治安を考えると、ドアや建物のセキュリティ対策も考慮すべきポイントです。

次のページ首都圏以外の家賃相場は?

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催