衆議院選、大学生の選挙関心度を調査! 学生団体ivoteが語る、「大学生が選挙に行くべき理由」とは 2ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. Q.10月22日に行われる衆議院議員総選挙で投票するつもりですか?(期日前投票も含む)
  2. 学生団体ivoteが考える、「大学生が選挙に行くべき理由」とは?
  3. 別木さんがおすすめする情報収集方法は?
■「あなたのMy争点はなんですか?」学生団体ivoteの代表に聞いてみた

編集部:大学生にアンケートを取ったところ、投票に行かない理由として「忙しいから」という理由が最多となりました。これについてはどう思いますか?

ivote:「忙しいから」というのは、時間的に投票に行くのが難しいという意味もあると思いますが、「どこに投票しようか考えたり調べたりするのも時間がかかりそうで無理」という意味もあると思います。理由だけを見ると、「期日前投票をすればいい」とか「選挙を義務化するべき」といった意見が出るかもしれませんね。しかし、やっぱり知識や自分なりの意見がなく、政治に参加しようっていう意識がないというか、投票に対する心の壁が大きいのが一番の問題だと感じます。

私も最初は政治に問題があるのかと思っていたんですけど、政治家がどんなに政策を考えても、投票する人に知識がなかったら、意味がないと考えるようになりました。
たしかに知識を得る機会も政治について意見を交わす機会も少ないですし、自分が投じる一票に重みがないと感じるのはしかたないことだと思います。

選挙に興味がないのは事実だったとしても、投票すること自体が、社会的な問題について考えるきっかけになります。投票することや、政治について友人と意見を交わすことに意義がある、ということを伝えたいですね。

編集部:投票をきっかけに自分の考えを作るきっかけにしてほしいってことなんですね。ivoteは『若者と政治のキョリを近づける』という理念を掲げて日々活動してらっしゃいますが、そもそも、大学生が選挙に行くべき理由は何だと思いますか?

ivote:選挙は数少ない、みんなが政治に参加できる貴重な機会です。投票する権利があるのに行かないという選択をするということは、わざわざ「税金を何に使ってもいい」「どんな法律ができてもいい」と意思表示しているようなもの。選挙や政治に無関心でいることはできるけど、無関係でいることはできないと思います。自分の一票に自信がないかもしれないですが、選挙に行くことに意味があるということを知ってほしいです。

もうひとつ、選挙で一票を投じることは、世の中に自分の意見を投じることだという点も知ってほしいです。1つでもいいので、何か気になるテーマを持ってほしい。

わたしは、選挙はスポーツ観戦と思って楽しんでみてもいいと思っています。「政治に興味を持って、選挙に行く」のが普通と思いがちですが、選挙を入り口に、まず参加してみてから政治を深く知ってみようと思うのも1つの方法だと思います。

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催