慶應義塾大学の学食「山食」に潜入! 看板メニューのカレーはルーから手作り【全国学食MAP】

早稲田大学学食研究会
2017/06/29
グルメ
あとで読む



こんにちは! 都内を中心にさまざまな学食を巡っている早稲田大学学食研究会です。

今回取材に伺った慶應義塾大学は、同じく都内の私立大学・早稲田大学となにかと比べられることが多い存在。前もってお伝えしておくと筆者は生粋の早大生ですが、むしろカッコイイ慶應が大好きです! しかし世間的には、早稲田大学と慶應義塾大学は永遠のライバルとされています。では、その両校がライバルであるというルーツは一体どこから来ているのでしょうか?

歴史を遡ると、両校のライバル関係は1906年に起こった「万歳事件」のあたりに端を発するとのこと。慶應義塾大学野球部がこの年の第1戦の早慶戦に勝利し、興奮した慶應の学生が早稲田大学の正門にて「万歳」を行ったのです。さらにその報復として、第2戦に勝利した早稲田の学生が福沢諭吉邸と慶應義塾大学正門にて「万歳三唱」を行いました。そこからますます両校の争いは過熱し、その白熱ぶりは第3戦の開催が危険と判断され中止になるほどでした! この事件以降、両校はお互いを真のライバルと認めるようになったそうです。

ライバルは「好敵手」とも訳します。早稲田がいるから慶應が、慶應がいるから早稲田が強くなったのでしょう。100年以上続く両校のライバル関係は、これからさきもお互いを高め合う意味で続いていってほしいものですね。

さて、今回はそんな慶應義塾大学の三田キャンパスにある学食「山食」へ伺いました! 歴史に名を連ねる慶應大野球部もお世話になっているという学食ですが、いったいどのようなメニューが揃っているのでしょうか?

▼こちらもチェック!
他にもおいしそうな学食が! 【全国学食MAP】記事一覧

キャンパス&学食の外観

慶應義塾大学三田キャンパスは都営線三田駅から徒歩7分、JR田町駅から徒歩8分、都営大江戸線から徒歩8分の場所に位置しています。近辺には多くの大使館があり、また東京タワーもすぐ近くに見ることができます。さすが港区‼ といった感じでしょうか。

慶應義塾大学三田キャンパスと言えば、まずこの東門が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか? 東門の中央に配置されたシンボルマークの下には、福沢諭吉が著書『学問のすすめ』のなかに残した格言「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」を意味するラテン語「HOMO NEC VLLVS CVIQVAM PRAEPOSITVS NEC SVBDITVS CREATVR」が記されています。

さて、そんな慶應の象徴と言える東門を潜り抜け、三田キャンパスに潜入開始です!

三田キャンパスにはそのほかにも国の重要文化財である三田演説館や、赤レンガの図書館旧館などがあり、明治時代の歴史の風を感じることができます。もちろん福沢諭吉像もあります。

今回訪れる「山食」は、キャンパスの西側奥に位置する西校舎地下1Fにあります。

学食の内観

≪ようこそ 栄光の三田へ!! ようこそ 伝統の山食へ!!≫

中に入ってすぐのところにこのボードが掲げられています。後半の「伝統の山食」というキャッチコピーに着目してみましょう。いったいどんな背景があるのでしょうか。

まずは「伝統」から解説していきましょう。「山食」は最近できた学食ではありません。なんと創業が1937年(昭和12年)というとんでもなく古い歴史を持っています。戦時中には火災で焼失したこともあり、その後数回にわたって移転を余儀なくされています。しかし、「山食」は教授、学生、OB・OGなど慶應義塾大学に関わる全ての人に愛され続け、そんな幾多の困難を乗り越えてきました。その結果、今年で創業80周年を迎えるそうです!

次に「山食」というネーミングについてです。なぜそう呼ばれているのでしょうか。これには2つの説があります。

1つ目は、丘の上にあったため呼ばれていた「三田の山の上の食堂」という愛称を縮めて、「山食」と呼ばれるようになったという説。

2つ目は戦後、物資が乏しい時代に寄せ集めのテーブルやイスで営業していたため、風の強い日はガタガタと音が立ち、「まるで山にある食堂のようだ」と学生が言っていたのが浸透し、いつしかそれが短縮され、「山食」になったという説。

通説は前者の説だそうですが、由来がはっきりしないところにも歴史を感じますね。

さて、そんな歴史ある「山食」の内観はいたってシンプル。三つの縦長のテーブルが並べられており、奥のほうには大きな慶應の校旗が掲げられています。

メニューについて

「山食」のメニューは内装同様に至ってシンプル。オムライス(410円)やポークソテー(510円)、カルビ定食(510円)など昔ながらのメニュー約10種類が並びます。

そして、ここ「山食」の名物といえば「カレーライス」! 慶應義塾大学三田キャンパスで授業を受けた人ならば、必ず一度は食べたことがある、と言われているぐらい長年愛されている名物メニューです。数十年にも渡る長い期間、「山食」の顔として愛され続けたカレーライスは、いったいどのような味なのでしょうか。期待が高まりますね。

次のページ気になるカレーライスのお味は?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活・学割」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催